【最安値シーズン到来!】沖縄でしか楽しめないご当地工場見学5選


知っている人も多いと思いますが、11月から1月は沖縄旅行の最安値シーズン。夏の沖縄とはまた違った魅力がありますが、プラスαで楽しんでほしいのがご当地工場見学なんです! その土地ならではのものに触れられるというのも工場見学の魅力の一つですが、特に沖縄は独自の伝統や文化が多く、そこでしか楽しめないものがたくさん! お酒好きにうれしい無料試飲付きの工場から、ショッピングと組み合わせて楽しめるお菓子工場、カフェでゆっくりしながら眺められる人気のお土産工場など、私が実際に行ってよかったおすすめ5選を紹介します。もちろん、今回も全て無料で楽しめます!

●ビールが2杯無料! 沖縄ビールといえばやっぱりコレ「オリオンハッピーパーク」/名護市

全国的にも有名なオリオンビールの歴史から製造工程、できたてのビールの試飲まで楽しめる超人気の施設「オリオンハッピーパーク」。建物入り口で出迎えてくれる大きなロゴや昭和40年代のお店を再現した「まちやぐぁ」はSNSでもたびたび見かける人気フォトスポット。

レトロ感漂う「まちやぐぁ」は角度によって、少しずつ雰囲気も異なる

仕込み室の熱気を肌で感じることもでき、製造工程見学のあとは、おつまみ付きの無料試飲(2杯)も楽しめます。20分ごとに一度と、開催頻度が高いので旅程に組み合わせやすいのもうれしいですね。

オリオンビール酵母入りのビアナッツ付き

●オリオンハッピーパーク 工場見学の予約詳細はこちら>> https://www.orionbeer.co.jp/brewerytour/

●ここでしか買えない限定酒も♪ 泡盛を楽しむ「ヘリオス酒造」/名護市

「ここでしか飲めない限定酒が飲みたい!」という人におすすめしたいのが、泡盛を製造している「ヘリオス酒造」。ツタが生い茂る蔵は、まるで昔の沖縄にタイムスリップしたような感覚にさせてくれる不思議な雰囲気を持っています。

晴天時には青と緑のコントラストがきれいなフォトスポット

泡盛の意外な製造方法を学んだあとは、定番商品からビール、ソフトドリンクを含むドリンクの試飲ができます。高級泡盛の試飲は有料にはなりますが、レアで普段なかなか手が出せないからこその貴重な体験。ここでしか手に入らない泡盛を目当てに訪問する人も多いのだとか。

販売価格9400円の「くら原酒12年40%」も300円で試飲ができる

●ヘリオス酒造 工場見学の予約詳細はこちら>> http://www.helios-syuzo.co.jp/docs/inspection.html

●超お得なアウトレット品や限定品もゲット! スッパイマンの「上間菓子店」/豊見城市

那覇空港から車で15分ほどの場所にあるのは、スッパイマンでおなじみの「上間菓子店」。予約不要で楽しめる工場見学は、品質管理室の説明から始まり、袋詰め工程、おすすめ商品の紹介などスタッフさんが丁寧に案内してくれます。

手際よく梅を選別していく様子もはっきりと見える

隣接する「駄菓子屋 上間商店」では、ここでしか手に入らない限定商品や超お得商品が豊富にあり、バラマキ土産にもぴったり。

バリエーション豊かで、お得すぎる上間商店

工場見学のあとは、歩いて行ける「アウトレットモールあしびなー」でショッピングを楽しむのもいいですよ。

●次々に流れてくる紅いもタルトがかわいい…「御菓子御殿 那覇国際通り松尾店」/那覇市

人気観光地、国際通りの中にあるギフトショップ「御菓子御殿」の奥では、紅芋タルトが製造されている様子を自由に見学できます。

自分用にもお土産用にもできる、かわいいトートバック入り詰め合わせも

ふらっと立ち寄れるので散策のついでに、お土産を買うついでにぜひ、のぞいてみてほしい場所です。次々と流れてくる紅芋タルトは、なんだかとってもかわいくてムービージェニック。

6個1組で流れてくる紅芋タルトにくぎ付け…

併設するカフェでは紅芋を使ったチーズケーキやモンブランなどを食べながら、ゆっくりとくつろぐこともできます。

●牛乳1本“946ml”の秘密に迫る…「沖縄森永乳業」/中頭郡

最後に紹介する「沖縄森永乳業」では、沖縄がアメリカ統治下だったことを実感させられる一面も。一般的な牛乳が1000mlであるのに対し、沖縄では946mlが一般的である理由や、容器に関する裏話など、沖縄ならではの豆知識が詰まった話を聞くことができます。お土産話としてつい披露したくなるはず!

沖縄らしくシーサーが出迎えてくれる工場入口

ガラス越しには、さまざまな飲料が製造されていく様子を見ることができ、見学後には沖縄限定の「森永ヨーゴ」のプレゼントも。

沖縄限定の乳酸菌飲料「森永ヨーゴ」とオリジナル下敷き

●沖縄森永乳業 工場見学の予約詳細はこちら>> http://okinawa-morinagamilk.co.jp/kengaku.html

 

予約不要でふらっと立ち寄れるものから、30分程度でサクッと終わるもの、観光地に近い立地…など、沖縄観光と組み合わせやすいものを中心に紹介しました。
働く女性の週末旅でも参加しやすい土・日曜、祝日開催(沖縄森永乳業を除く)なので、ぜひ気になる工場をチェックしてみてください。

プロフィール/nimo*

台湾に在住。昔から食に関わることが大好きで食生活アドバイザーを取得。さらに食品工場見学が趣味で、国内外問わず多い時は月に20カ所以上回ることも…。
●Instagram・Twitter:nimo_ff

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ