京都、奈良から厳選! こだわりの抹茶スイーツではんなりティータイム


ホッと一息つけるティータイムのお供に、素材にこだわった抹茶スイーツはいかが? 茶葉を石うすでひいて作る抹茶は、茶葉の旨みを丸ごと味わえます。 甘いだけのスイーツでは満足感が得られないし、どうせ食べるなら上質なものを選びたい。そんな関西在住ライターが抹茶の本場・京都、古都・奈良から厳選した、大人の女性にぴったりの2品を紹介します。

 

●上品かつインパクトのある、抹茶そのものを味わえるロールケーキ

ぎゅっと凝縮された濃厚な抹茶の風味を楽しめるのが、「ふう」の「濃茶ロールケーキ」。奈良県で栽培された大和茶の抹茶をふんだんに使用し、添加物や着色料は無添加です。

スポンジ生地は、しっとり、とろけるような舌触り。スポンジに包まれたクリームは2種類あり、中心の濃い緑のクリームは抹茶の風味、渋みをしっかりと感じられます。少しザラッとした茶葉を感じるような食感で、濃厚な香りが口中に広がります。外側の薄緑のクリームは、なめらかな優しい味わい。中央のクリームを活かしつつ、味の強さを中和して優しくまとめてくれます。スポンジと2種のクリームが三位一体となり、上品さとインパクトのあるケーキに。抹茶好きにはぜひ一度試していただきたい逸品です。

 

ふう

「濃茶ロールケーキ」

1本2300円/ハーフ1200円(税込)

https://www.maccha-fu.com/

 

●抹茶×ホワイトチョコのハーモニーは、手土産にも喜ばれる!

マールブランシェ「茶の菓」に使用されている抹茶は、京都の宇治茶を厳選、調合したオリジナルの濃茶。「茶の菓」を作り上げるために、茶葉の栽培は契約農家で、ブレンドも自社で行っています。

濃茶はサクサクとしたラングドシャに焼き上げられます。薄い2枚のラングドシャの間に挟まれるのは、独自配合で作られたホワイトチョコレート。軽やかで香り高いラングドシャと、甘さが際立つホワイトチョコレートがバランス良くマッチし、余韻の残る味わいに。薄く小さいながらも、1つ食べれば充分満足感を得られます。風味を逃さないように個包装されており、見た目も品があるので、手土産や差し入れにもピッタリですね。

 

マールブランシェ

お濃茶ラングドシャ「茶の菓」10枚入り1490円(税込)

http://www.malebranche-shop.jp/

 

どちらもネットでお取り寄せが可能。茶葉、ブレンド、製法、すべてにこだわりが詰まった抹茶スイーツで、大人のティータイムを楽しんでください!

 

 

文・ライター野村佳未

編集者を経て、現在は3人の育児に奮闘しながらフリーライターとして活動中。自然な暮らし、オーガニック、育児、アロマテラピーが得意分野。(公社)AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト。奈良県在住。

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ