【数量限定】クルミッ子のトートバッグに入った鎌倉紅谷のお菓子詰め合わせ


海外からの訪問客にも熱く支持されている鎌倉紅谷のお菓子。中でもほろ苦い自家製キャラメルとたっぷりのクルミを生地で挟んだクルミッ子は、一度口にすると忘れられない味わいです。ブランドリニューアルに伴い、数量限定でミニトートバッグ入りのお菓子詰め合わせが販売されていると聞いて、早速入手しました!

●「クルミッ子」デザインがかわいいミニトートバッグ!

ミニトートバッグが販売されているのは、八幡宮前本店、雪ノ下店、長谷店、横浜高島屋店、湘南テラスモール店、幸浦店、常盤店の各店舗。発売初日の10月20日の昼過ぎに横浜高島屋店へ急行。無事に入手することができました。

ミニトートバッグの中にはお菓子の箱が。クルミッ子2個、あじさい1枚、鎌倉だより3枚が入っています。鎌倉紅谷の代表的なお菓子を味わえて価格は700円(税別)。※販売は1人2点まで

ミニトートバッグはお弁当箱を入れたりお財布やスマホを入れるのにちょうど良いサイズで、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそう。数量限定販売終了後はミニトートバッグは付きませんが、箱入りの詰め合わせとして通常販売されるそうです。

●一つ一つにストーリーを感じる「鎌倉紅谷」のお菓子たち

まずは人気のクルミッ子からいただくことに。

ぎっしり詰まったカリコリッとした食感のくるみと、とろけるようなキャラメル、そしてちょっと堅めのザックリとした生地が抜群のハーモニー! 職人の手作りの技を感じさせられるぜいたくな味わいです。

続いて鎌倉を代表する花・あじさいを模したお菓子・あじさい。

一見、クッキーのようにも見えますが、厚みがあってしっかりとしたラスクのような食感。練乳ソースをスポンジ生地に染み込ませ、じっくりと乾燥させて作っているのだとか。ミルキーな香りとやさしい風味が口いっぱいに広がります。

最後は3色に色づいたイチョウの葉を模したお菓子・鎌倉だより。かつて鶴岡八幡宮にあった大イチョウをイメージしています。これからの季節にピッタリですね。

赤が小豆、緑が抹茶、そしてはちみつとバター風味のプレーンと味わいもそれぞれ異なります。ちょっと堅めの生地なので、初めての人はその食感に驚くかも。かみしめるごとに深い味わいを楽しめるサブレです。

 

●10月29日に八幡宮前本店にカフェがオープン

鎌倉まで足を延ばしたら、ぜひ訪れてみたいのが八幡宮前本店2階にオープンしたばかりのカフェ「サロン・ド・クルミッ子」。クルミッ子をテーマにしたスイーツを味わえると注目のお店です。ステキな時間を過ごしてみては。

 

八幡宮前 本店/サロン・ド・クルミッ子
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4

【アクセス】
JR鎌倉駅東口から徒歩7分

【営業時間】
月~金曜 9:30~17:00(L.O.16:30)
土・日曜、祝日 9:30~17:30(L.O.17:00)

 

 

 

プロフィール/ハラダ ムーコ

横浜出身。 シティリビング東京・横浜の編集記者を経て、この秋スイーツライターとして活動開始。Instagram(@amai to shoppai)でおいしいメモを公開中。

 

 

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ