週末で行ける! 関東の人気ビール工場イベントおすすめ3選


関東圏にはいくつかビール工場がありますが、通常の工場見学とは別にイベントを開催している工場も多いんです。しかも「平日は仕事で行けない…」という人でも参加しやすい、土・日曜、祝日にも開催しているところも。というわけで今回は、人気のビール工場で開催しているおすすめイベント・ツアーを紹介します。

●「ハートランドツアー」キリン取手工場/茨城県取手市

全国9カ所あるキリンビール工場の中で、唯一「ハートランドツアー」(無料)を開催している取手工場。月に1度(第2土曜日)のみの開催となっており、予約困難と言われるほど、人気のツアーとなっています。1986年に誕生したハートランドビールの歴史やエピソードに触れながら、クイズも交えつつ、その魅力をぎゅっと濃縮したツアーが楽しめます。

おなじみのボトルで次々と流れてくるハートランドビール

最後の試飲タイムでは、ハートランド専用ジョッキで乾杯♪ その後は、なんとボトルから直接飲んでみたりと計3杯まで楽しめます。

グラスによって異なる飲み心地も楽しめる

ツアー終了後には、ますますハートランドファンになっていること間違いなしです!

◆キリンビール 取手工場 ハートランドツアー

●「ザ・プレミアム・モルツ講座」サントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブリュワリー」/東京都武蔵野市

開催頻度が高く、比較的予約が取りやすいのがサントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブリュワリーの「ザ・プレミアム・モルツ講座」(無料)。

まさに“こだわり”を感じられるザ・プレミアム・モルツ講座

ザ・プレミアム・モルツのこだわりを学んだ後に、グラスの種類による香りや味わいの違い、おつまみとの相性なども体感することができるという大充実の内容。

写真を撮るのを忘れるほど嬉しくて、飲みかけですが…

おつまみとの組み合わせも驚きの発見が

通常の工場見学もセットになっていて、黄金色に輝く仕込み釜をのぞくことができるのも印象的。金曜日の開催に参加すれば、製造ラインが動いている可能性が高く、さらにワクワクした体験ができます。都心からもアクセスが良く、都内で唯一ビールの製造工程を楽しめるという点も魅力的です。

こちらの工場のほか、<天然水のビール工場>京都ブリュワリー、九州熊本工場でも「ザ・プレミアムモルツ講座」を開催しています。

◆<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブリュワリー ザ・プレミアム・モルツ講座

●「SHIRASE5002&新・黒ラベルコラボツアー」サッポロ千葉工場/千葉県船橋市

ちょっとユニークな体験ができるのが、2018年6月にリニューアルオープンしたサッポロ千葉工場の「SHIRASE5002&新・黒ラベルコラボツアー」(1000円)。実際に使用されていた南極観測船の船内を当時の裏話なども交えながら見学できるという、とても貴重な体験ができます。映画やドラマの撮影地としても使用されているので、違った視点での楽しみ方も。

船内には乗組員用の理髪店があったりと見所がたくさん

「新・黒ラベルツアー(縮小版)」では、パッケージング工程や、新設備「黒ラベルサウンドギャラリー」で音と映像がシンクロした新感覚スタイルの製造工程も見られます。

1分間に1500缶という迫力あるパッケージングライン

最後には、東京湾を一望できる会場で、提供品質にこだわったパーフェクト黒ラベルがお待ちかね。3杯まで楽しめるほか、限定グラスのお土産もいただけます。

味、泡、香り、キレ、温度まで全てが最高基準を満たした一杯

有料イベントではありますが、2時間20分と大充実の内容を考えると、とってもお得! JRや京成線の4駅から無料送迎バスも出ていて、どの地域からも訪問しやすいのも◎。

◆サッポロビール千葉工場 SHIRASE5002&新・黒ラベル コラボレーションツアー

 

通常のビール工場見学も、もちろん魅力的ですが、こういったイベントに参加するとより特別感が増すのでおすすめです! 今回紹介した工場はどちらもフォトスポットも充実しているので、カメラも忘れずに。

プロフィール/nimo*

台湾に在住。昔から食に関わることが大好きで食生活アドバイザーを取得。さらに食品工場見学が趣味で、国内外問わず多い時は月に20カ所以上回ることも…。
●Instagram・Twitter:nimo_ff

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ