独身で迎える老後のために、何をするべき?-働く女性のマネー診断-


読者のお金の悩みに対してプロが解決策を指南。
毎月の収入、出費から見えてくるのは、リアルな働く女性の今かも。

  • S・Nさん(32歳)契約社員
  • 預貯金/1300万円
  • 手取り給与/約12万円
  • 住まい/賃貸マンション

彼氏と別れ、1人暮らしを始め、一生独身で生きていくと決めました。収入が少ないので、通信費などは削り、資産運用のためにiDeCoとつみたてNISAを始めました。老後のために、ほかに何かしておくべきことはありますか?

回答

赤字で始める投資は不安。働き方も見直しを

赤字家計で投資をすることはおすすめしませんが、預貯金がしっかりあるので、資金の移動という意味では、iDeCoとつみたてNISAを始めることは良いと思います。ただ、投資を始めた後は預貯金ができないので、老後資金を十分に準備できないのではないかと心配です。赤字に加えボーナスもほぼなく、退職金も見込めない状況です。投資をすることで安心せず、しっかりためることが必要です。

また、働き方にも不安があります。契約社員は年齢が上がると、更新されない可能性が出てきます。収入がなくなることが一番心配です。同じ会社もしくは他の会社で正社員を目指してもよいと思います。

支出は削れるところは削るという姿勢は素晴らしいです。収入の半分が家賃というのは、結構負担が大きいですから、良い物件があれば移るのも手です。少しでも貯蓄が増やせるよう、工夫したり見直しをしてみてください。

回答者 横山光昭さん

回答者 横山光昭さん

ファイナンシャルプランナー、家計再生コンサルタント。
個別相談、書籍・雑誌・ウェブ、テレビなど多方面で活躍中

相談者を募集
コラム「マネー診断」では、FP(ファイナンシャルプランナー)によるマネー診断を受けたい相談者を随時募集しています。応募資格は「働く女性であること」のみ。みなさんからのご応募をお待ちしています!

応募はこちらから


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月12日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ