第7回『角を立たせずに、お誘いを断る魔法のフレーズ』


ラブライフアドバイザーOLIVIA

第7回『角を立たせずに、お誘いを断る魔法のフレーズ』

大人の女性のためのコラム「セクシャル・ビューティーレッスン」
今回のテーマは、カップルコミュニケーション編
「角を立たせずに、お誘いを断る魔法のフレーズ」
ふたりのセックスがスムーズになる言葉づかいを見直してみましょう。

第7回『角を立たせずに、お誘いを断る魔法のフレーズ』

●有効期限がハッキリしない「お断り」がセックスレスを招く

第5回目のコラムでは、あなたがセックスしたい時の誘い方をお伝えしました。
その逆で、セックスをしたくない日もありますよね。
「とっても疲れている時」「生理中」「仕事の締め切りに追われている時」
理由もなく、乗り気になれない時も。
そんな時、あなたは、どんな風にムラムラした彼をお断りしていますか?

断り方ひとつで、彼と険悪なムードになってしまい、セックスレスに発展してしまうことも往々にあります。

よくある相談例をご紹介します。例えば、女性の相談者の場合。
はじめは、彼が誘ってくるのが「当たり前」と思っていたけど、なんとなく拒むうちに、彼から誘われなくなってしまい、今度は、自分から言うのが恥ずかしくて、欲求不満になってしまうケース。
女性が、セックスを求めることは、「恥ずかしい」「はしたない」と思い込む必要は全くないのですが、自分で自分にブレーキをかけている女性も多いのが現状です。

男性の場合。
彼女に「疲れてる」「今日は無理」と、ハッキリとした理由なく断わられ続け、「誘っても、断られる」と思って、顔色をうかがっているうちに、セックスレスに。
セックスを求めると「汚らわしい」というような目で見られるし、させてもらえたとしても、「早く終わらせて」という態度だと、空しくなる。と、いう悲しいケースもあります。

どちらの場合も、「じゃあ、いつならできるのか?」ハッキリ答えていないのが、セックスレスの始まりです。
「したくない」有効期限がないお断りは、セックスレスを招いてしまうこともあるのです。


Back Numberバックナンバー

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ