第5回『彼に誘わせる艶仕草』


ラブライフアドバイザーOLIVIA

第5回『彼に誘わせる艶仕草』

大人の女性のためのコラム「セクシャル・ビューティーレッスン」。
今回のテーマは、カップルコミュニケーション「彼に誘わせる艶仕草」です。
ベッド美人は、誘わせ上手。
大人だからこそできる、セクシーな駆け引き、あなたもしてみませんか?

第5回『彼に誘わせる艶仕草』

●賢い女性は、彼の五感を刺激して「誘わせる」

「今日は、彼とエッチしたいな」
そんな風に、気持ちが高まる日ってありますよね。
あなたは、自ら積極的にセックスしたい時に、どういう風に誘っていますか?
ストレートに「しようよ!」と言っちゃう?
それとも、王道のベタベタスキンシップ?
OLIVIA的には、自分から誘うことに、全く抵抗がないのですが(笑)、
男性からのお誘いを引き出すために、ちょっとしたひと手間を仕込んでいます。
大人の恋愛は、ちょっとミステリアスな駆け引きがあった方が、確実に盛り上がるんです。

男性を「誘わせる」秘訣は、男性の性メカニズムを理解することから。
ここでのキーワードは、「五感」。
男性の興奮スイッチをひとつずつONにしていきましょう。

男性が最もストレートに興奮を得やすい感覚器官は、なんと言っても「視覚」
「人間、見た目が9割」と言われていますが、恋愛においても、「目と下半身が直結しているんじゃないかしら?」と、思うくらいにダイレクトに反応します。
女性の胸の谷間、スカートからのぞく脚、丸みを帯びたお尻。
果汁の滴る果実のように、目で見て「美味しそう」と思わせるのは、基本中の基本。
ここでは、見せ方にひと工夫を。
大人の女性は、「モロ見せ」ではなく、「チラ見せ」がお似合いです。
おろしていた髪をふいにアップにした時にのぞくうなじ、スリットの入ったスカート、胸の谷間が見えそうで見えないVネック。
気品を残しつつ、本能的に「思わず」反応してしまうようなチラリズムを意識してみましょう。

視覚の次にONにする興奮スイッチは、「嗅覚」
五感の中でも、香りの刺激は、ダイレクトに脳に届くような構造になっています。
本能直結型の感覚器官とも言えるでしょう。
ここでの香りの活用法は、どんな香りをつけるかよりも
「清潔感」と「ふんわり香らせる」ことがポイント。
実は、男女ともに、「いいにおい」と感じる体臭には、より良質な遺伝子を残すために、血液の免疫情報が関係しているという研究結果もあるのです。
男性が本能的にあなたの体臭を感知しようとしている時に、
体臭が隠れてしまうような、きつい香水を身にまとうのは、実はもったいないこと。
あなた本来の体臭を男性が感じるように薄づけするのが、本能で誘わせるコツなのです。


Back Numberバックナンバー

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ