第4回『ベッド美人の必須条件は美肌』


ラブライフアドバイザーOLIVIA

第4回『ベッド美人の必須条件は美肌』

大人の女性のためのコラム「セクシャル・ビューティーレッスン」。
今回のテーマは、セルフケア編「ベッド美人の必須条件は美肌」です。
彼がずっとナデナデしたくなる美肌をつくるセルフケアをご紹介します。
あの甘~い食べ物を使って、もちもちの艶肌をつくります。

第4回『ベッド美人の必須条件は美肌』

●誰でもすぐに磨ける女性の魅力は「肌」

ベッドの上で愛される女性のカラダの条件は、何だと思いますか?
スタイル?…いいえ、グラマーな女性ばかりが男性に好まれるかというと、そういうわけではありません。
手の平におさまるサイズの「小胸」が好きな男性がいたり、抱き心地のよいぽっちゃり体型を好む男性がいたり、好みのスタイルは、人それぞれ。

そんな中、「美肌」はどんな人をも魅了する女性のボディパーツです。
赤ちゃんのぷにぷにした肌も、毛並みがいい猫やペットをずっとナデナデしたくなるのも、「肌触り」がよいから。
触り心地の良さは、人の心を癒します。
お肌のケアは誰でもすぐに行えて、ちょっとした工夫をプラスするだけで艶肌を目指せるのです。
すべすべのシルクのスカーフに肌を包まれるのが心地よいように、あなたの肌も「肌触り」の良さを追求すれば、男性が、ずっと撫でたくなるでしょう。

「そうは言っても、肌に自信がない。ニキビもあるし、年齢とともに、肌のハリもなくなった気がするし…」という、あなた。
雑誌のモデルのような、毛穴ひとつない美肌を目指そうと思ったら、大変かもしれません。
でも、ちょっと待って。
電車の中で、街中で、まわりの男性の肌を見てみてください。
脂っぽかったり、毛穴が開いていたり、ヒゲ剃り跡が化膿していたり…!
男性の肌と比べると、あなたの肌のきめ細やかで美しいこと!
そう、男性から見れば、女性の肌は、男性にはない魅力的なボディパーツなのです。

●「こんな綺麗な肌を乱暴に扱えない!」と絶賛された美肌美人の秘密

実際に、私のレッスンでお風呂での肌ケアを教わり、実践された女性から「毎日、お風呂でのケアを続けて、自分のカラダに自信が持てるようになりました。最近、男性に『こんな綺麗な肌、乱暴に触れないよ』と褒められました。美肌のなせる技ですね!」という、うれしいご報告をいただきました。
こういうお話を聞くと、女性は「肌で愛を感じる」生き物だと再確認します。
言葉で、「好きだよ」と言われるよりも、男性に優しく撫でられたり、ギュッと抱きしめられる方が、愛されている実感がわくもの。肌を通して、相手の愛情を感じるのです。
そして、もうひとつ「褒められて、輝きが増す」のも女性の特徴だと覚えておいてください。

これは、自分でお肌をケアする時でも同じ。
「このシミ、なくしたい!」「このニキビ肌、もういや!」と、お手入れしながら、あら探しをしているようでは、逆に自信がなくなるばかり。
美肌を絶賛された女性は、あら探しではなく、「自分のカラダの好きなところ」を褒めながら、毎日のお手入れを続けていたのです。
こんな、シンプルな心がけで、お肌のお手入れが楽しくなるんですよ。


Back Numberバックナンバー

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ