第9回『キス上手になる秘訣』


ラブライフアドバイザーOLIVIA

第9回『キス上手になる秘訣』

大人の女性のためのコラム「セクシャル・ビューティーレッスン」
今回のテーマは、カップルコミュニケーション編「キス上手になる秘訣」。
彼の記憶に残るロマンチックなキスの演出、テクニックをお伝えします。

第9回『キス上手になる秘訣』

●気持ちいい、をキスで伝える

「キス」の認識は、男性と女性では、ちょっと違うもの。
女性が「愛情表現」と思っている一方で、男性は「セックスの入り口」と認識していることが多いのです。あなたも思い当りませんか?
彼とちょっとイチャイチャしたいだけだったのに、彼のムラムラスイッチがONになってしまって、結局、最後まですることになったこと。

男性は、一度興奮し始めると、最後まで走り抜けたいもの。
男性のその性質から、キスもロマンチックというよりも、「強く、ガツガツ」したものになってしまいがち。
キスはキスとして、じっくり味わいたい女性としては、ちょっと残念ですよね。
キスの認識や興奮のメカニズムがまったく違うのですから、お互いに「こういうふうにされるとうれしい」と、伝えないと、キスだけでなく、その他の行為も的外れになってしまします。
ロマンチックなセックスへの第一歩が、実は、キスなのです。
キスもセックスも、肌が触れ合う愛情表現。
「キスが上手いひとは、セックスも上手い」と言われますが、それは、雰囲気づくりと、「ソフトな愛撫」の加減が絶妙だから。
ソフトなキスは、男性よりも女性の方が得意なはず。
男性が、ソフトなキスの気持ちよさに開眼するように、あなたからアプローチしましょう。


Back Numberバックナンバー

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ