小顔で魅せる! 手軽にできる小顔テクニック


小顔で魅せる! 手軽にできる小顔テクニック

小顔で魅せる! 手軽にできる小顔テクニック

小顔で魅せる! 手軽にできる小顔テクニック

この時期、気になるのが「顔のむくみ」。エステやマッサージのプロに任せたいけど…そんな時間も余裕もないから、自宅でセルフケアできたらいいなと思っている人もいるのでは? そこで簡単にできる「むくみ顔解消術」を髙瀬聡子先生に伝授してもらいました。

イラスト/清水久美子

もともと大きい顔が、むくみでさらに大きく!
少しでも小顔になる方法が知りたいです。

 顔がもともと大きい上にむくみでさらに大きくなるので、少しでも小顔になる方法が知りたいです。(N.Kさま 34歳)

毎日短い時間でもいいので
リンパマッサージを!

気温が上がるにつれ、夏バテによる冷たい物の暴飲暴食、暑さでの寝不足気味など、気が付けば翌朝顔がむくんでいるなんてことよくありますよね。エステや、マッサージに行きたいけれどそんな時間はない…そんな時、自分でリンパマッサージなどが気軽にできるといいですよね。今回は自宅でも簡単にできる「むくみ顔解消術」をお教えします。

そもそもむくみとは体内に溜まった老廃物毒素がリンパや静脈にうまく流れず、停滞している状態です。リンパマッサージはその体内に溜まった老廃物や毒素をリンパ液にのせて排泄する方法です。リンパ液は、冷え性、血行障害、免疫機能の改善に重要な役割を果たしてくれていますが、生活習慣の乱れやストレス、血行不良などによって流れにくくなってしまいます。リンパがドロドロになると体内に余分な水が溜まって、むくみやセルライト、ボディラインの崩れにつながります。また、老廃物や細菌、毒素が体内に溜まることによって、様々な体の不調に繋がると言われています。

では、滞ったリンパを流すリンパマッサージにはどのような美容効果があるかご存知でしょうか? その簡単なメカニズムをお伝えします。細胞の間に溜まっていた余分なリンパ液が流れることで、ドロドロだったリンパの重みが取れ、垂れてしまっていた部分が上がります。頬のたるみはもちろん、バストアップヒップアップも期待できます。またリンパを流すことによってセルライトもできにくくなり、見た目もスッキリします。

その他、基礎代謝がよくなって痩せやすくなり、ダイエット効果も期待できるということにつながります。またホルモンのバランスが良くなることで、肌のハリやツヤが出て美肌への効果も発揮します。さらに免疫細胞も体内をスムーズに流れ、酸素と栄養素をたっぷりと補給してパワフルに活動してくれます。免疫力が上がって病気にかかりにくくなるわけです。

リンパを流すことは肌にも体にもいい事尽くめなのです。

では、簡単にできる「むくみ顔解消術」小顔リンパマッサージをご紹介します。手ひらで軽く肌表面をすべらす感じで行ってください。マッサージクリームやクレンジングや洗顔時を使ってでもできます。

1.まずフェイスラインから顎の下のリンパ節へ向かってマッサージ。顎から耳の前のリンパ節へ向かってマッサージ。

2.次に目元から頬骨の下を通って、耳の前のリンパ節へマッサージ。

3.そして目頭から半円を描くように、目じり、そして耳の前のリンパ節へ向かってマッサージ。

4.最後に首のほぼ真横を通過して、鎖骨リンパ節へ向かってマッサージ。

これですっきり小顔にだけでなく、健康美肌にもなれますよ。毎日少しの時間で出来るので是非やってみてください。

最後にリンパが滞る原因について、その原因と対策をお伝えします。

1.運動不足

対策…筋肉を動かすことで血液やリンパ液が流れます。普段座ってばかりで足がむくむという女性も多いと思いますが、そんな時は足首をクルクルと何回か回すだけでもリンパが流れるのでむくみ防止になります。

2.冷え性

対策…体温が低くなると、血液の循環も悪くなります。血液の流れが悪くなるとリンパも影響を受け、流れが悪くなってしまいます。暑いからといって薄着をして体を冷やしたり、冷たいものの食べ過ぎ飲み過ぎは避けましょう。

3.ストレス

対策…ストレスは、自律神経に悪い影響を与えます。自律神経は血液の流れをコントロールしているので、ストレスを受けると血管は収縮、筋肉も緊張し、リンパが流れにくくなります。なるべくストレスを溜めこまないよう自分なりの発散方法で回避しましょう。

毎日の心がけで憧れの小顔に近づけますので、是非実践してみて下さい。

小顔で魅せる! 手軽にできる小顔テクニック

小顔で魅せる! 手軽にできる小顔テクニック

髙瀬聡子
(タカセ アキコ)

皮膚科医師
アンプルール代表
ウォブクリニック中目黒 総院長
http://www.wove.jp
http://www.ampleur.jp

1995年、慈恵医科大学を卒業。同大学付属病院で皮膚科医として勤務。2003年、都内クリニックにて皮膚科診療を開始。アトピー性皮膚炎などには、心理的側面からの要因まで深く追求。女性ならではのきめ細やかな観点から、しみ、しわ、にきびなど、女性に多く見られる皮膚疾患に対する治療にも定評がある。2007年1月、女性の皮膚の美と健康をサポートするサロン“WOVEクリニック中目黒”を開院

「肌は正しくお手入れをすれば必ず応えてくれます。私も肌悩みを持つ一人の女性として、皆さんと一緒に美肌を目指し努力していきたいと思っています」


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ