第5回 相手をコントロールしたくなる心理


恋愛を通してココロの整理!自分を変える13の心理 森川陽太郎

第5回のテーマ

相手をコントロールしたくなる心理

こんにちは、OKライントレーナーの森川陽太郎です。
恋愛をしている時の一番の悩みといえば、「相手が自分のことをどう思っているのかがわからない」ことかもしれません。実際に、恋愛の心理の相談をしていると、このような質問をたくさん受けます。特に追う恋愛をしている時ほど、相手の言動に一喜一憂してしまいませんか?

相手が自分を愛してくれていたり、好意を持ってくれている実感がない時ほど、この不安は大きくなっていきます。そして、何とか相手を変えたくて一生懸命頑張ってしまいますが、思い通りになることの方が少ないかもしれません。それどころか、頑張れば頑張るほど不安が膨らんで、余計に大きな悩みに変わってしまいます。

このような悩みが生まれる背景には、どんな心理があるのでしょうか? その答えが、今回のテーマ「相手をコントロールしたくなる心理」です。

あるカップルが、些細なことでケンカをしてしまいました。関係がギクシャクしてしまい、1週間ほどお互いほとんど口もきかない状態です。彼女の方は時間が経つにつれて怒りが収まり、また前のような関係に戻りたいと思っていました。ある時、彼女は普段通りに彼氏に声をかけましたが、彼氏からはそっけない返事しかありません。彼女の方はせっかくこっちはケンカのことは水に流して声をかけているのに、いつまでもケンカのことを引きずっている彼氏に対して、余計にイライラしてきました。結局元通りの関係に戻るまでに、さらに1週間以上の時間がかかったのです。

人は不安や焦り・イライラなどの感情が大きくなると、相手をコントロールしようとする傾向があります。例えば仕事の場面でも、仕事に自信が持てず不安な時ほど、上司に認めてもらいた気持ちが強くなるものです。実は恋愛に限らず、人間関係の悩みのほとんどに、「相手をコントロールしたくなる心理」が関係しているといっても、嘘ではありません。

相手をコントロールしたくなるのはなぜ?>>

森川陽太郎さん

1981 年東京生まれ。元サッカー選手。 スペインやイタリアでプレー。その後心理学やメンタルトレーニングを学び、27歳で株式会社リコレクトを設立。「OKラインメンタルトレーニング」という 独自のトレーニング方法を展開。丸の内朝大学で「恋愛を通して心理を学ぶ」講座を担当している。著書に、『ネガティブシンキングだからうまく いく35の法則』(かんき出版)『「いつもの自分」トレーニング』(ダイヤモンド社)がある。また、自分の心の整理や人をサポートするためのスクールも主宰している。
●スクールウェブサイト http://recollect.jp/schoollp/
●森川陽太郎公式サイト http://ameblo.jp/youtarou-morikawa/
●森川陽太郎facebook https://www.facebook.com/youtarou.morikawa


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ