社内恋愛でモヤること


きちんとしている働く女子でも、こと恋愛においては、すったもんだの愛憎劇が一つや二つはあるもの。大声では言えないけれど、裏アカならこっそり言えちゃう。そんな読者の恋バナを紹介します。

ヒミツの関係は楽しいことばかりじゃない
社内恋愛でモヤること

イラスト:しまだなな

お互い存在が気になっていたのに、言い出さずにいたら10年が経過。最近急接近して、10年越しに付き合いはじめました。時間がもったいなかった!

公言していれば避けられた?

■ 会社でも家でも一緒なので、彼は緊張感がなくなり、私はときめきがなくなってしまいました。結婚を前提にした同棲のはずが、結婚話は進まずにあっという間に3年が経過…。もっと早くに決断しておけばよかった!?

■ 付き合っていることを誰も知らないので、同僚が彼の悪口を言っていることに同意を求められ、つい同調してしまうことが多々ある…いつもごめん。

彼にも言えない…

■ 家賃補助など福利厚生が充実しているうちの会社。それをフル活用すべく、なんとなく社内から彼を選んだとはさすがに言えない。

■ 同期の彼とゴールイン。結婚式のスピーチは彼が尊敬している上司にお願いしたのですが、それがフラれた元カレとは口が裂けても言えません。まだふっ切れていないだけに辛いスピーチでした。

気分は内助の功

■ 女子社員へのホワイトデーのお返しを、彼に変わって私がかいがいしく購入。「○○さん趣味がいいですね」と女子社員に褒められ、うれしそうな彼の顔にちょっとイライラ…。彼女の趣味がいいんです!

■ 資料作りが苦手な彼の仕事を、夜な夜な手伝っています。この報酬は毎年誕生日プレゼントに上乗せしています。

みんなの恋バナ募集中!

「ホンネde恋バナ」では、赤裸々な恋バナを募集中。

応募はこちら


─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 4月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ