【働く女性のカラダ相談室】熱中症ってどんなもの?


熱中症

働く女性が気になる症状や疾患について分かりやすく解説。今回はこの時季に注意したい「熱中症」をひもときます。

熱中症ってどんなもの?
体の中に熱がこもることにより、めまいや顔のほてり、筋肉痛、汗のかき方がおかしい、吐き気など、さまざまな症状が現れます。気温が高く日差しも強いカラッとした暑さの日はもちろん、曇りでも湿度が高くムシムシする、風が弱い日なども要注意。熱中症はすぐに発症するだけでなく、蓄積して表れることも。ひとつひとつは熱中症以外でも起こる症状で気づきにくいため、「これは熱中症かもしれない」と意識を持つことが予防にもつながります。
「熱中症っぽいな」と思ったらどう対処すればいい?
とにかく体を冷やすことが大切。クーラーのきいた室内や風通しのいい日陰など涼しい場所に移動する、スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給する、服をゆるめるなど。首元を冷たいペットボトルで冷やすのも効果的です。また、夏の夜は気温が下がりにくく、日中も家の中が温められて熱がこもる場合もあり、寝ている間に知らずに熱中症になることも。出掛けるときにカーテンを閉める、窓の外に日よけやすだれをつける、帰宅したらクーラーで冷やすなどで対策を。
熱中症にならないために気をつけることは?
急に気温が上がる梅雨明け頃は、体が暑さに慣れていません。普段から運動や湯船につかるなどで汗をかくことに慣れておきましょう。夏場のお風呂は、換気扇を回して入る、前後に水分補給、時間を決めて長湯しないことなどがポイント。ドライヤー使用時も暑いと思ったら休みながら使いましょう。アルコールやカフェインは利尿作用があるので控えめに。
今年の夏はどんな暑さになりそうですか?
昨年のような、強い日差しで気温35度を超えるような猛暑ではなく、曇りで気温は平年並みの32~33度、湿度が高くムシムシする日が多い予想。体にこたえる暑さになりそうです。熱中症の危険性は変わらず高いので、誰でもなる可能性があることを意識して、「体調が変かも」と感じたら、無理をせずに休みましょう。
「熱中症ゼロへ」

取材協力 「熱中症ゼロへ」

日本気象協会が推進するプロジェクト。2013年の発足以来、積極的な啓発活動を行っている
https://www.netsuzero.jp/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月12日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ