のどのつかえや違和感 漢方や不安軽減で改善も


きちんと知る女性のカラダ

 のどが詰まる感じがする、食べ物が飲み込みにくいといった症状は、ストレスなども関係していて、比較的女性に多い症状といわれています。どんな原因があり、対処法があるのか、漢方医の小川恵子先生に聞きました。

のどのつかえや違和感 漢方や不安軽減で改善も

逆流性食道炎、ストレスなど原因はさまざま

 のどがつかえる感じが続いていて水を飲んでも治らない、ご飯が飲み込みにくい…。「まさか、のどのがんでは?」とドキッとした経験はありませんか。

 のどの異常な感覚は「咽喉頭異常感症」とも呼ばれ、30〜50代の女性に多い症状といわれています。女性に多い理由はよくわかっていませんが「のどの過敏性や炎症、アレルギーなど、のどの問題のほか、胃腸の病気、ストレスや不安感などさまざまな病気が関係している場合があります」と医師の小川恵子先生。

 のどの違和感は女性に多い甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)や鉄欠乏性貧血などでも現れるため、まずは耳鼻咽喉科や消化器内科を受診し、必要な検査・診断を受けることが大切です。

 「例えば、朝起きたときにのどの詰まり感がある人は、逆流性食道炎が原因のことが多いです。一方で、さまざまな検査をしても異常(器質的な病気)が見つからないこともあり、ストレスによる自律神経のアンバランスから起きていると考えられます」

 ストレスを受けると交感神経が優位になり、のどの過緊張や過敏が起こって、のどの不快な症状が出ることがあるのだそうです。

■ 「のどの違和感」から考えられる原因


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ