オフィスで気になる体臭 「皮膚ガス」が原因かも?


きちんと知る女性のカラダ

 汗ばむ季節になると気になるのが体のニオイ。実は皮膚から出る物質が体臭の原因になっていることを、知っていましたか。意外なニオイの正体や対処法について、皮膚ガスの研究者に聞きました。

オフィスで気になる体臭 「皮膚ガス」が原因かも?

ストレスで体臭が増加!? ニオイの元、皮膚ガスとは?

 ニンニク料理を食べた翌日、なんだか体が臭いと感じたことはありませんか。

 「ものを食べると、口臭とは別に、血液中に運ばれたニオイ物質が皮膚から出てくることがあります。ニンニクはその良い例で、じわじわと翌日までニオイが出ていることがあります」

 こう話すのは、皮膚ガスの研究者で、東海大学理学部教授の関根嘉香先生。皮膚ガスとは人の体の表面から放散される微量のガスのこと。確認されているだけでも300種以上。発生経路によって(1)血液由来、(2)汗腺由来、(3)表面反応由来の3つに分類されます。

 「例えばお酒臭は(1)。アルコールがアセトアルデヒドに分解され、血液中を流れているときに皮膚から放散します。一般に加齢臭と呼ばれているニオイの経路は(3)で、皮脂から作られる2―ノネナールという物質が原因。男性に多いイメージですが、実は女性も加齢とともに増えていきます」

 食事制限時に脂肪の燃焼が進むと発生するのは、アセトンという物質。ほかには、通称〝疲労臭〞と呼ばれる皮膚ガスも!

 「筋肉が疲労すると出るアンモニア。ツンとした刺激臭がありますが、実はメンタルストレスが多い人でも、放散量が増加することがわかっています」

■ 皮膚ガスの経路は3種類

●血液からのニオイ 血液中の化学物質が揮発して放散するもの
●汗腺からのニオイ 汗腺や皮脂腺から放散するもの
●皮膚表面からのニオイ 皮膚表面の皮脂などが常在菌やほかの化学物質と反応して発生するもの


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ