症状の軽減や予防にホルモンケアを賢く取り入れよう


きちんと知る女性のカラダ

 今回は、女性特有の不調のケアや病気の治療に使われる「女性ホルモン剤」について。知っておくと、生理のトラブルで悩んだときなどにも役立ちます。種類や効果、正しいつきあい方などを紹介します。

症状の軽減や予防に
ホルモンケアを賢く取り入れよう

排卵を休ませるピル
生理痛やPMSも軽減

 女性ホルモンは、月経・妊娠のコントロールや、女性の健康を維持するのに欠かせないホルモン。反面、月経前症候群(PMS)や生理痛、子宮内膜症などの不調を起こす原因にもなります。

 そうした不調が現れたときにホルモンを調整する役割をするのが、女性ホルモン剤。低用量ピル(OC)、月経困難症治療薬のLEP、女性ホルモンの欠乏による更年期症状の緩和に使われるホルモン補充療法(HRT)などがあります。

 「女性ホルモン剤のよいところは、ホルモンが過剰な時期は抑え、不安定なら整え、足りなくなったら足すことが可能な点。日本では、ホルモン剤というと尻込みする人も多いのですが、OCやHRTは世界中の女性に広く使われています」と話すのは、婦人科専門医の吉形玲美先生です。

 低用量ピル(OC)は、月経が始まる10代から使用可能。避妊効果以外にも、生理痛や生理不順、PMS、ニキビを改善するなど、働く女性にうれしいメリットがたくさんあります。

 「OCは、子宮内膜を薄く維持して生理の出血量を減らすことができるので、過多月経や貧血の予防・改善にもなります。また、ピルを飲んでいると排卵が止まり、卵巣や子宮を休ませることができます。婦人科疾患の予防にもつながるので、将来の妊娠・出産にもプラスになりますね」

■ 主な女性ホルモン剤

 女性ホルモン剤の主成分は、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロン。HRTには、経口薬、貼付薬、塗布薬などがあり、体質や症状に合わせて選択されます。ホルモン補充療法は、早期閉経や無月経の際の更年期障害や骨粗しょう症を予防するためにも使われます。


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ