身近にある「共依存」を知って 健全な人間関係に戻ろう


きちんと知る女性のカラダ

相手のことを大事に思っているのに、何だか重苦しい…。そんな人間関係で悩んでいませんか。もしかすると、それは「共依存」かもしれません。上司と部下や恋人間にも存在する、共依存の問題と対処法を紹介します。

身近にある「共依存」を知って
健全な人間関係に戻ろう

抜け出す第一歩は距離を置くこと
言葉にして自分の意思を伝えて

共依存の特徴として、支配する側は一対一の関係を好み、異性間なら恋愛関係と混同されることもあるとか。
「共依存の上司は、部下同士が仲良くなるのを好みません。分断統治のような状態を作り出すので、その職場では、次第に連帯感や活気がなくなっていくと考えられます」と信田さん。

相手と共依存関係にあるかどうかに気づく目安は、「いい上司(恋人)なのに、なんだか息苦しい」「元気が出ないのに放っておけない」というような、相反する気持ちや葛藤があるかどうか。

そして、苦しい関係から逃れる第一歩は「距離を置くこと」だと信田さんは言います。「最初は離れるのがとても怖いと思いますが、ちゃんと言葉にして、自分の意思を伝えることが重要です。言いくるめられそうになったら、丁寧な言葉で『申し訳ありませんが、都合が悪いので、今日は失礼します』などと言ってその場を離れます。わかってもらおうとしない、相手を責めない、相手の反応を気にしないようにするなどがポイント。相手の支配・コントロールから極力遠ざかった関係を作っていくことです」

自分一人では乗り切れないと思ったら、専門のカウンセラーに相談するのも一つの策。専門家のカウンセリングを受けることで、問題が整理され、今後どうしたらいいかが見えてきます。個人情報が守られるという点でも、悩みを相談しやすいでしょう。

■共依存ってこんな症状(職場編)

信田さんからのアドバイス

人間関係というのは、「自分が冷たいのかな」と感じるくらいが適温。相手を傷つけないように、上手に距離を取れるようになると、人間関係がうまくいきます。分かり合えなくても、互いに尊重し合えていればいいのです。相手と違うことを恐れない、違う意見も大事にしているというスタンスでいきましょう。

信田さよ子さん

原宿カウンセリング センター所長・臨床心理士
信田さよ子さん

お茶の水女子大学大学院修士課程修了。専門はアディクション全般、アダルト・チルドレン、家族問題、DV、虐待など。「共依存 苦しいけれど、離れられない」(朝日新聞出版社)など著書多数


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ