貧血や骨粗しょう症を招く 新型栄養失調に用心


きちんと知る女性のカラダ

ちゃんと食べているつもりなのに、風邪をひきやすい、だるい、やる気が起きない…。そんな症状は「新型栄養失調」の可能性があり、女性に多い貧血や骨粗しょう症を招く原因にもなっています。対処法を管理栄養士の麻生れいみさんに聞きました。

貧血や骨粗しょう症を招く
新型栄養失調に用心

糖質過剰になりがちで
その他の栄養素が不足

 新型栄養失調とは、カロリーは足りているのに、体をつくる栄養素や体の調子を整える栄養素が不足している状態のこと。

 「食が細かったり、忙しく炭水化物中心の食事になりがちなど、糖質過多でたんぱく質やビタミン、ミネラルが不足している女性が増えています。放っておくと、不調や生活習慣病につながるので要注意」と管理栄養士の麻生れいみさん。

 市販のソース、調味料などから意識せずとっている糖質も実は多いそうで「昼食後に眠くなる、食後甘いものが欲しくなるという人では、糖質過剰で血糖値の乱高下が起きている可能性があります」

 また、自己流の食事制限ダイエットなども、栄養失調をもたらす原因に。

 「たんぱく質は肌や髪、筋肉、免疫細胞などをつくる材料です。不足すると老化が進む、太りやすい体質になる、感染症になるリスクが増えるなどの影響が。また、糖質をエネルギーに替えるにはビタミンB群が必要、骨をつくるにはカルシウム、マグネシウム、ビタミンDなどが必要…というように、健康な体を維持するにはいくつもの栄養素の働きが不可欠です。栄養素はそれぞれ単体ではなく、共同で働いていることを忘れないようにして」


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 8月23日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ