オフィスで急増のピント不全 意識して目の筋肉を緩めて


きちんと知る女性のカラダ

パソコンやスマホが普及して、私たちの目は四六時中働きっぱなし。その結果、視力低下やピント不調を感じる人が増えています。今回は大人の視力低下について、原因と対処法を専門医に聞きました。

オフィスで急増のピント不全
意識して目の筋肉を緩めて

使いすぎ、働かせすぎ
毛様体筋が悲鳴を上げている

 午前中は仕事がサクサク進んだのに、夕方近くなるとパソコン画面を見るのもつらい、目がかすむ、ピントが合わなくなる…。こんな経験はありませんか。

 眼科医師の荒井宏幸先生によると、オフィスワーカーの視力低下の大半を占めるのが、目の筋肉疲労によるものだそう。

 「デスクワーク中心の人は特に、ほぼ一日中近くのものを見て過ごします。目は、近くを見るときには毛様体筋にギュッと力を入れた状態になり、遠くを見るときには毛様体筋が緩んで楽な状態になります。つまりスマホやパソコンなど近くのものばかり見る生活では目の筋肉が疲れてしまい、ピント調節機能がおかしくなるのです」

 こうした状態は〝スマホ老眼〞とも呼ばれていて、目がいい人だけでなく近視の人にも起こります。

 一方、加齢に伴って水晶体が硬くなり厚みを変えにくくなることで、近くのものにピントが合いにくくなるのが老眼です。

 ほかにドライアイやコンタクトレンズの誤使用なども見えづらさの原因になることが。アイメイクなどの化粧品が目に入ると、まつ毛の内側にあって油分を分泌するマイボーム腺を詰まらせ、ドライアイになることがあるので要注意です。

 目は近くを見るときには毛様体筋を緊張させ、レンズの役割をする水晶体を厚くする仕組みに。近視の人でも、通常はコンタクトレンズやメガネで遠くが見えるようにピント調節をしているため、パソコンやスマホをじっと凝視しているときには毛様体筋に大きな負担がかかります。


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月7日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ