節約しながら夫婦で月15万円貯蓄 6000万円のマンション買って大丈夫?


OL知恵袋 家計簿診断

節約しながら夫婦で月15万円貯蓄 6000万円のマンション買って大丈夫?

W・Nさん(28歳/金融)

やりたいこと

住宅購入

悩み

 家賃がもったいないので、住み替えを検討。都内の新築・築浅マンションで将来の子どもを考えて3LDKの物件だと6000万円ほど。今はコスメ、服飾、日用品はモニター参加で節約し、夫婦で月に15万円ほど貯めています。購入する、または賃料の安い物件に借り換える、購入物件の予算を下げるほうがよい?

子どもの人数や収入が安定するまで様子見するのも手

 家計は非常に良い状態ですね。貯蓄がしっかりできています。住宅購入ということですが、住居費の割合は収入の25~30%に抑えるのが理想的。都内では難しい場合がありますが、超えても生活が維持できるのか、今一度考えてみましょう。ローンを具体的に試算してもらってもいいですね。
 購入するか否かは価値観による部分もあり、断定的には言えませんが、もう少し様子を見てもよいと思います。まだ若いので、将来の暮らし方がみえていませんよね。お子さんの人数、W.Nさんの退職などの方向性が決まらないうちに購入すると、生活の仕方が定まるころに「こんなはずではなかった」と後悔してしまうケースが結構あります。収入はこれから増える可能性もあるので、今は頭金をより多くつくる時期と考え、焦らなくてもよいでしょう。
 長期間のローン返済の間、節約生活がずっと続くということも念頭に置きましょう。それでも購入する結論であれば、よいと思います。

回答:横山光昭さん

ファイナンシャルプランナー、家計再生コンサルタント。貯蓄できる家計に変える専門家として個別相談を主に書籍・雑誌・ウェブ連載・テレビで活躍中

「家計簿診断」相談者を募集

コラム「家計簿診断」では、FP(ファイナンシャルプランナー)によるマネー診断を受けたい相談者を随時募集しています。応募資格は「働く女性であること」のみ。みなさんからのご応募をお待ちしています! 応募はこちらから


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ