趣味が多すぎてお金がたまらない… 自分に合った貯金の方法は?


OL知恵袋 家計簿診断

趣味が多すぎてお金がたまらない… 自分に合った貯金の方法は?

K・Lさん(28歳/マスコミ/東京)

やりたいこと

条件のいい物件へ引越、住宅購入

悩み

 給料もボーナスもそれなりにもらえていると思うのですが、趣味が多すぎて、まったく貯金ができていません。趣味や交際費が高額になっても、「この月は○○があったから仕方ない」と思ってしまいます。将来が不安なので、自分に合ったお金の使い方、貯金の方法を知りたいです。

言い訳はやめ、交際費・趣味費を半額の予算に

 趣味が多いのは、悪いことではありません。ですが、趣味や交際費の支出が高額になっても「○○だから仕方がない」と言い訳している間は、お金はたまりません。本気で変わりたいのであれば、貯蓄目標を立てて取り組んでいきましょう。
 K.Lさんの年収でしたら、毎年の貯蓄目標は、手取り年収の2割が妥当です。まずは、当面、毎月の赤字をなくして、ボーナスで補てんをしないような家計管理を目指します。そのために、手取り収入の範囲で、支出の予算を配分します。予算の中には、先取り貯金も入れておきます。現状では、赤字を脱出して、月1万円程度から貯蓄を始めるのがよいかもしれませんね。
 貯蓄目標に足りない分は、ボーナスでためていきましょう。毎月の予算のポイントは、交際費と趣味費です。合計で7万円に抑えるように、個々の趣味に対して、それぞれ予算を配分していきます。
 自分の立てた予算は守ること。「言い訳はしない!」と決めましょう。

回答:安田まゆみさん

マネーセラピスト。「元気が出るお金の相談所」所長。認定コーチ、カラー心理カウンセラーなどの資格を持ち幅広く活躍中

「家計簿診断」相談者を募集

コラム「家計簿診断」では、FP(ファイナンシャルプランナー)によるマネー診断を受けたい相談者を随時募集しています。応募資格は「働く女性であること」のみ。みなさんからのご応募をお待ちしています! 応募はこちらから


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ