あなたの心に巣食う「ジブン病」とは?

第1回 あなたの心に巣食う「ジブン病」とは?


第1回 あなたの心に巣食う「ジブン病」とは?

 みなさん、こんにちは。 今回から連載を始める五百田 達成(いおた・たつなり)と申します。私は「コミュニケーション」「恋愛・結婚・仕事」「生活者心理」「社会変化と男女関係」を主なテーマに執筆や講演を行っています。同時に“日本一女心のわかる男"として、働く女性や職場で女性との接し方に悩む男性から、コミュニケーション心理に関する相談に応じています。どうぞよろしくお願いいたします!

 さて突然ですが、まずは次にあげる言葉たちを眺めてみてください。みなさんは、これらの言葉についてどう思いますか?

 《自己実現》《自己表現》《自己分析》《自己PR》・・・
 《自分磨き》《自分探し》《自分らしい生き方》《本当の自分》・・・
 《セルフイメージ》《セルフブランディング》《セルフプロデュース》・・・

 いかがでしょう? 好きですか? 気になります? それとも違和感を感じますか? いずれにしろ、最近なにかとよく聞く言葉ですよね。

 これらの言葉の共通点はずばり「自分」です。

 「自分とはどんな人なんだろう」と悩み、「どうすれば自分が輝けるのか」を考え、「自分がハッピーになれる」ように生きる。こうした言葉を好んで使う人は、自分が大好きか、あるいは大嫌いで、いずれにしろ意識が自分に集中している度合いが強いというわけです。

 ですがこうやって「自分」にこだわりすぎると、いろいろと生きにくくなります。それがこの連載のタイトルにもなっている「ジブン病」。「ジブン病」をこじらせると、以下のような症状が出てきます。

「自分」が相手からどう思われているか気になって、うまく話せない
なりたい「自分」は分かっているのに、近づけていない「自分」に焦ってしまう
「自分」の好き嫌いがハッキリしていて、ダメ出しが多くなりプライドばかり高くなる
そんな大事な「自分」に対して失礼な振る舞いをする相手に、つい腹が立ってしまう

 結局、あなたはいつもイライラしていて、相手は気分を害し、周囲はハラハラしっぱなし。次第にあなたの周りから人が離れていってしまう・・・。

 もちろん「自分」は大事です。

 自分をむやみに傷つけたり、相手に合わせすぎてストレスを抱えるのは考えもの。それでも、現在あなたが職場で抱えている人間関係のトラブルの多くはこの「あなたの意識があなた自身に向きすぎている」ことが原因(もちろんこれは、あなただけではありません。いわば現代病なのです)。

 人はひとりでは生きていけないし成長できません。自分をどれだけ磨こうとも、自分はできあがりません。人は他者とオープンマインドに付き合っていくことで、徐々に「自分のようなもの」が見つかる(かもしれない)のです。

 「私って・・・」「私なんて・・・」「私みたいな人に・・・」と思うそのエネルギーの10分の1でも、身の回りの人や目の前の相手に向けてみると、おどろくほど簡単に人間関係の課題は解決します。ジブン病が軽くなれば、ラクな気持で人と接することができるようになり、結果的にあなたの人生によいことがもたらされるのです。

 私は最近「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」という長いタイトルの本を書きました(明治大学・堀田秀吾教授との共著。クロスメディア・パブリッシング刊)が、この本はまさに、どうすれば人が人とうまく関わっていけるかをテーマにしていて、現在10万部を超えるベストセラーとなっています。

 これから毎週、みなさんが陥りがちな「ジブン病」の症例・エピソードと、それを治すための処方箋をお伝えしていきたいと思います。

 人と付き合うのは確かにめんどう。気心が知れている人とだけ仲良くしたいし、他人のことを考えるヒマがあったら自分のことを考えていたい。その気持ちはよーくわかります。それでもどうか、自分というお城にこもりきりになり、孤独でつまらない人になってしまわないよう、一緒にがんばっていきましょう!

五百田達成

五百田達成
(いおた・たつなり)

東京大学教養学部卒業後、角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「コミュニケーション」「恋愛・結婚・仕事」「生活者心理」「社会変化と男女関係」を主なテーマに執筆や講演を行う。

鋭い分析と優しい語り口が人気となり、「私の何がイケないの?」(TBS)、「極嬢ヂカラPremium」(テレビ東京)コメンテーターの他、メディア出演多数。“日本一女心のわかる男"として、働く女性や職場で女性との接し方に悩む男性などから多くの支持を集めている。米国CCE, Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー。

明治大学・堀田秀吾教授との共著「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が10万部を超えるベストセラーに。

その他の著書に「フェイスブックで『気疲れ』しない人づきあいの技術」(フォレスト出版)、『「2回目のない女」を卒業します!』(メディアファクトリー)、『一瞬で幸せ本能がめざめる 心のゆるめかた』(中経出版)、『黒リッチってなんですか?』(集英社)などがある。

□フェイスブック
http://www.facebook.com/
iotatatsunari.net

■ツイッター
http://twitter.com/ebisucareer

□オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/iota-s/

■恋と仕事のキャリアカフェ
http://cafe.iotatatsunari.com/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ