[イケドクコラム]今回のテーマは、腰痛


2013年7月メンバー追加

おもわずキュン イケドクOL診療所

OLの間で密かに人気のイケメンドクターズ、通称イケドク。5人のイケドク達がそれぞれの専門分野で、健康な毎日を過ごしたい女子を全力でサポート★
彼らの導きでココロもカラダもきれいな美人OLに♪

今回のテーマは、腰痛

働く女子のお悩みのひとつといえば、腰痛。予防のための職場環境や、なってしまったときの治療法について、整形外科医の石倉先生に教えてもらいました。

一言に腰痛と言っても、症状も原因もさまざまで、非常に難しいんです。一生のうち、60~80%の人は腰痛を生じるそうです。人間が2本足で生活している以上、人間と腰痛は切っても切り離せない関係にあるのかもしれません。今日はそんな腰痛とうまくお付き合いするための方法を紹介します。

原因、予防法
確かに言えることは、働く女性にとって、「職場環境」が非常に大切だということ。良くないことは、

①物を持ち上げる、押す、引くなどの動作
これはみなさんもご存知かと思います。前かがみになって重い荷物を持つことは、腰には体重の何倍もの力が作用します。重い荷物を運ばなければならないときは、たくましい男性にお願いするのも良いかもしれませんね。

②長時間座り続けるなど、同じ姿勢で仕事を続けること。
これも腰痛にはよくありません。デスクワークの人は、ちょくちょく立ち上がって歩き回ることを意識しましょう。

③心理的、精神的要因
実は腰痛には心理的、精神的な要因も多大に関与していることが最近わかってきました。知らず知らずのうちにストレスを抱えていませんか?疲れたときはリフレッシュして、時には休むことも大事です。

腰痛になってしまったら?
腰痛になったら安静が一番!と信じられてきましたが、最近では、安静にしすぎることも腰痛には良くないことがわかってきました。ある程度痛みが落ち着いたら、「痛みの範囲内で動く」ことが大事なんです。あとはお風呂にゆっくりつかって血行をよくして、かつリフレッシュすることも大事。月単位で長引く頑固な腰痛の場合は、整形外科医にご相談ください。時々「椎間板ヘルニア」や「すべり症」など、器質的な原因がある場合もあります。また、そうでなくても痛み止めや湿布、コルセット、ブロック注射などで思ったより楽になる方もたくさんいらっしゃいます。クリニックでは牽引療法や電磁波治療などをしているところもあります。

腰痛は慢性化してしまうと、なかなか治すのが困難だと言われています。以上を踏まえて、普段から腰に優しい生活を心がけてみてください。

  • 石倉先生
  • 【PROFILE】

    お名前(ふりがな):石倉 久年(いしくらひさとし)先生
    専門科:整形外科
    年齢:29歳
    勤務先:都内総合病院
    好きな女性のタイプ:明るい人
    初デートに連れていく場所は?:おいしいご飯が食べられるところ
    なぜドクターを志したのですか?:人の役に立つことができて、感謝もされる。一生を捧げるに値する職業だと思ったからです
    女性たちからイケメンドクターといわれることにどう思いますか?:
    お世辞かな?って思っちゃいます

    <2013年7月17日現在>

イケドクを応援

コメントを書く

影
  • スポーツ万能な形成外科医 アクティブ系イケメン
  • 踊れる循環器内科医 爽やか系イケメン
  • 若手のホープ かわいい系イケメン
  • 健康に余念がない肝臓内科医 癒し系イケメン
  • 20カ国を旅した救急・総合診療科医 ワールドワイド系イケメン
  • サッカー歴は20年 クリーミー系イケメン
  • イケドクの中で最若手 ナチュラル系イケメン
  • 笑顔がかわいい整形外科医 クライマー系イケメン
  • 元気をくれる精神科医 アットホーム系イケメン



Back Numberバックナンバー

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ