恋人から突然の脱サラ宣言 平穏な生活を望む私は 彼の夢を心の底から応援できず…【はあちゅうの塩対応人生相談】


読者の恋愛や人生の悩みに、恋愛に鋭い視点をもつはあちゅうさんが塩加減多めで回答。行動に迷う働く女子のヒントに。

「近い将来、起業したい」と、恋人(30歳)から突然の脱サラ宣言。“ガツガツ”とは縁遠いおっとりした性格で、自ら仕事をつかみにいけるタイプとも思えず…。応援したい気持ちはあるのですが、平穏な生活を想定していただけに、心の底から応援できずにいます。今後、彼の夢や成功を応援できるようになるのでしょうか。(31歳・N.G)

 30歳になると守りに入ってしまう男性が多い中、彼の決断は、素晴らしいですね。不満をたらたら言いながら会社員でいるより、よっぽど男気があります。そして、彼のことを自分事に考えているからこその相談者さんの心配もごもっともですが、ここはひとつ、「彼の人生は彼の人生」と少しだけ自分の人生と離して考えてみることをオススメします。

 私も正直に言うと、彼の仕事を応援できなかった経験があります。当時は付き合ってからもしばらくは、彼と別れるかどうか悩んでいました。結果、その時の私は、彼の仕事ごと彼を受け入れることに決めました。嫌だ、という気持ちよりも一緒にいたい気持ちのほうが大きかったんです。

 この場合、相談者さんにとっても「そんな彼が嫌なら別れる」か「そんな彼も受け入れる」の2つの選択肢しかないと思います。きっと本音では、彼に考え直してほしいところでしょうが、仕事というのはその人の信念。恋人
に「仕事を変えて」と言うのは、相手の人生を自分の思惑通りにしようという、横暴な要求です。

 私自身が、恋人や家族に「仕事を変えて」と言われたところで無理なので、自分が無理なことを相手には押し付けられません。それに、相手に後から「あいつのせいで思い切った挑戦ができなかった」なんて絶対に思ってほしくありません。本質的に人間は一人で生きていて、いつ死別・離別するかわからないので、彼には彼の人生を生きてもらいましょう。

 相談者さんは、今、「起業してほしくない」という強い気持ちがある分、その先の人生をリアルに想像しがたいかもしれません。でも、もし彼と一緒になりたいなら、「起業した彼といる場合」のシミュレーションをしてみるべきかと思います。平穏な生活というのは、具体的には何を指すのでしょうか? 例えば、彼がしっかりと家に帰ってくる時間を取ってくれて、安定した収入があることが大事なら、週末は家で作業してほしいということや、最低いくら生活費がほしいということまで彼と相談して実現方法を考えてみるのはどうでしょう。一緒に生きていくということは、お互いの理想の状態だけを共有するのではなく、理想じゃない状況も共有することですよね。

 彼の夢や成功を応援する、と腹を決めたら、意外となんとかなる気もしますよ。私の周りに、子育てしながら起業している人も、ガツガツしていないのに成功している人もたくさんいます。怖いことって始まる前が一番怖いんです。でも、渦中にいる時って意外と楽しいものですし。

彼の人生を自分の人生と切り離して考える
夢や成功を応援するなら、理想でない状況も
共有する覚悟で将来をシュミレーション

Profile はあちゅうさん
ブロガー、作家。「小さな野心を手帳で叶えるオンラインサロン」主宰。慶應義塾大学在学中、女子大生ブロガーに。電通、トレンダーズ勤務を経てフリー。現在、講演、女性誌コラムほか、SNSなどで随時発信中。近著に「小さな野心を燃料にして、人生を最高傑作にする方法」「言葉を使いこなして人生を変える」。2017年には「群像」(講談社刊)で文芸誌デビュー
■ブログ:http://lineblog.me/ha_chu/
■ツイッター:https://twitter.com/ha_chu
■インスタグラム:https://www.instagram.com/ha_chu/

はあちゅうさんに相談したい「恋愛・人生の悩み」募集中

応募はこちら


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 1月12日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ