少額でさえデート代が割り勘 彼は器が小さいのでしょうか?【はあちゅうの塩対応人生相談】


読者の恋愛や人生の悩みに、恋愛に鋭い視点をもつはあちゅうさんが塩加減多めで回答。行動に迷う働く女子のヒントに。

同い年の彼とのデート代が完全に割り勘でモヤモヤしています。私より高収入にも関わらず、1000円の食べ物をシェアするときでさえ500円徴収されました。毎回このやりとりが苦痛で、私がおごると「一緒に払うよ」などの気遣いはなく「ありがとう」と言って割り勘をスルー。気づいていないだけ? それとも器が小さいのでしょうか。(30歳)

 あらー…。それは嫌ですねぇ。別に男の人に常におごってほしいというおごり史上主義者というわけではありませんが、金銭面であまりにきっぱりと線引きをされたら、恋人としては複雑ですよね。他人感がすごい。なあなあすぎるとそれはそれでストレスに感じることもあるかもしれませんが、「今回は私が支払ったから、次回はあなたね」くらいの、ゆるさがなければ息が詰まりますね。私、そんな人がいたら友達でも「ギャー!怖い!」ってなります。なんか、気づかないうちにお金に関する恨みを持たれてそうで…。ましてや恋人となると、相談者さんはきっと「他のことにも融通がきかない人なのではないか?」という不安を抱えていることでしょう…。

 そして、自分が支払ったときはきっちり請求するのにこちらがおごるときは、財布を開かないとなると、これはちょっと…病的なケチ! 奨学金の返済や親の借金で、生活が苦しいなどの理由があればまた別ですが、一般的に考えて器は小さいですね。

別れも辞さない覚悟で彼と相談

 残念なことに、こんなふうに貯金・節約が趣味な人はよっぽどのことがなければ変わることもなく、この先もこういうスタイルでいくと思います。「お金を支払う」という一緒にいれば絶対に避けられないシーンで毎回ストレスを抱えるのは、関係性を続けていく上で致命的なので、一度、別れも辞さない覚悟で真剣に彼と相談したほうがいいと思います。長く関係を続ければ続けるほど、見逃せない問題になっていきます。

 あるいは、もう究極の方法ですが、相談者さんが、彼に合わせて「ケチになってみる」というのもアリかもしれません。やるのであれば彼が引くくらい、徹底的にやりましょう。「あなたのお金への態度の細かさを見て、私も真似してみることにした。あなたに合わすね」と宣言して、毎回1円単位できっちり請求。家計簿をつけて、「今月はあなたとのデートにいくら使った」と共有。一緒にお金を使うごとに、相手にラインで金額を送り、なんなら、彼が家に遊びに来たときは「トイレ一回流したから、4円(※大体4円換算らしいです)ちょうだいね」と光熱費も含め、笑顔で徴収しましょう。ケチになりきってみたら、彼のケチに理解が示せるようになるかもしれせん。

 ケチ生活を続けてみて、もしも何か新たな学びがありましたら私にもぜひ教えてください。

長く付き合うほど見逃せない問題に
彼に合わせてケチになる究極の方法も!

Profile はあちゅうさん
ブロガー、作家。慶應義塾大学在学中、女子大生ブロガーに。電通、トレンダーズ勤務を経てフリー。現在、講演、女性誌コラムほか、SNSなどで発信中。インスタグラム、、アメブロで連載中の「旦那観察日記」が2/22(金)に書籍化
■ブログ:http://lineblog.me/ha_chu/ https://ameblo.jp/mofu-everyday/
■ツイッター:https://twitter.com/ha_chu
■インスタグラム:https://www.instagram.com/ha_chu/

はあちゅうさんに相談したい「恋愛・人生の悩み」募集中

応募はこちら


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月29日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ