彼(夫)の母親と仲良くしたい! よりよい関係をつくるための風水術


女性として、彼の母親との関係はきっと永遠に気になるもの。結婚していたら家族として付き合うことになるし、結婚していなくても、できることなら上手にお付き合いしたいですよね。今回は風水コンサルタントの田中さんに、よりよい関係をつくるためのポイントを教えてもらいました。

結婚していても、していなくても、彼の母親との関係には気を遣うものです。昭和の時代には姑(しゅうとめ)からのひどいハラスメントを描いたドラマが人気を博しました。その時代、多くの人が共感したものです。

現在では、嫁姑の戦い、姑からのハラスメントはあまり聞かれなくなりましたね。
姑との関係がうまくいっている嫁が多数派だというアンケート結果もあるそうです。自分がされて嫌だったことをしなくなったという、姑側の成長、嫁側の対応力が上がった。そのような時代の変化の表れでしょう。
それにしても、姑に緊張し、気を遣うということには変わりありません。より良好な関係を保つために風水を役立ててください。

ドラマから見る嫁姑関係

ドラマや映画で見るパターンから、嫁姑関係をひもといてみると…

嫁…夫の愛は自分のものと思っている
夫…実母には、義務的な愛情を示さなければいけないと思っている
姑…息子をよく知っていて許容しているので、嫁より有利な立場だと思っている

これらをまとめると、
・嫁と姑が女性同士のライバル関係として描かれる(本当はライバルではないのに)
・姑は、自分の生き方と違うスタイルの嫁を否定することで自分を肯定する
(例:専業主婦だった姑は、働く嫁に「家庭をかえりみない」と批判するなど)

結果、ドラマでは姑は、実の息子家族にとって邪魔者として描かれます。
ということは、このようなポイントをおさえれば、嫁姑問題もそれほど難しい話ではなさそうですね。

姑とたまにしか会わない場合

嫁姑がお盆とお正月ぐらいにしか顔を合わせない程度なら、対策は簡単です。
白、黄色、赤といった明るい色の服を着ましょう。
オーラが強くなり、明るい陽の気を発するので、楽しい関係を築きやすくなります。さらに、姑から否定的なことを言われにくくなります。
そして姑への敵意を完全に捨て、同じファミリーを発展されるための仲間だという意識をもってください。

嫁姑同居の場合

同居しているなら、問題を抱えている可能性はもっと高いはずです。
姑はおそらく、自分が歓迎されていない、邪魔者扱いされていると感じていることでしょう。
嫁側は、姑が本当に歓迎されていると感じるよう努力することが大切です。

そのためにまず、リビングの南西を照明で明るく照らし、そこに幸せそうに笑っている姑と嫁の写真を飾ります。
大きな写真をよく見えるように飾ると、さらに関係が改善します。これは古くからある風水のおまじないで、非常に効果的です。

次に南西のテーブルに水晶玉を2つ飾ってください。不思議と、嫁姑はとても仲良くなります。
それでも緊張関係が続くなら、北東(2018年の場合)の壁を赤く塗るか、赤色の壁紙を貼ると火のエネルギーが敵意の気持ちを焼きはらいます。

姑からハラスメントを受けている場合

昭和のドラマのように支配的な姑で、夫にも頼れないとしたら、嫁は「敵意」を鎮めるお守りを身につけるのが効果的です。アメジストと扇のついた雄鳥のお守りは素晴らしい力が得られます。いつでも身につけておきましょう。そうすると、姑との溝が少しずつ埋まってくるのがわかるはずです。

さらに、次のような条件が、嫁側のあなたにあてはまっていないか確認してください。
・寝室に鏡があり、夫婦の寝姿を映している
⇒解決策:就寝中、鏡にカバーをかけて、寝姿が映らないようにする

・玄関のドアを出て右側に池や水槽などのような「水」がある
⇒解決策:水槽の場所を移す、水を抜いてしまう

・寝室に女性の絵や写真が飾ってある
⇒解決策:カバーをして押入れにしまう

これらは、風水で「結婚生活を悪意の第三者に邪魔される」といわれているものです。夫の浮気につながる原因ですが、それだけに限らず義母との関係による不幸として現れる場合もあります。もしもこのような条件に当てはまるときは、解決策をすぐに行ってください。何ごともなかったかのように、嫁姑のトラブルはおさまることでしょう。

【田中道明さん風水コラム一覧】 【2018年は風水でHappyに♪】働く女性におすすめの風水コラム特集

田中道明
プロフィール/田中 道明(たなかみちあき)

ワールド・オブ・風水ジャパン代表、風水コンサルタント。2003 年以来リリアン・トゥーに師事し、日本語版のウェブサイト運営を行う。
リリアン・ トゥーの邦訳書のうち、「モダン風水」(オクターブ)、「幸運のシンボル」(産調出版)、「フ ライングスター風水占い」(小学館)、「308 の風水術」(サンマーク出版)を翻訳(監訳含む)。
米国、英国の商工会議所発行のビジネス誌などに風水のコラムを出稿している。翻訳でない 監修書に「旅の風水」(昭文社) 「風水の神さまをまねくお部屋の本」(かんき出版)がある。前職はインターネット・データセンターのセールスエンジニア。1972 年東京生まれ。
■ワールド・オブ・風水ジャパン https://wofs.jp
■風水メガモール https://www.fsmegamall.jp/
■project DRESS2017 掲載中 https://p-dress.jp/articles/2672


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月27日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ