若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

【渋谷・寿司】何を食べても感動の嵐! 大人気寿司店で念願の口福ディナー

【渋谷・寿司】何を食べても感動の嵐! 大人気寿司店で念願の口福ディナー


2017年10月4日からスタートしたこのブログ、みなさまのおかげで1年をむかえることができました!! 本当にありがとうございます。そんな1周年を祝う気持ちを胸にフライングぎみで、記念ディナーをしてきました。

そんな特別な日に選んだお店が渋谷の裏路地にある「くろ﨑」…1周年のお祝いディナーはPV数がハネ上がるといわれる「お寿司」にしました。

年内にどうしても行きたいと願っていた「くろ﨑」は、うわさ以上のおいしさで何を食べても悶絶してしまうレベル。この日、最初にいただいた「太刀魚ととろまり茄子」は、ナッツのソースを効かせた一品。ほどよく脂がのった白身と香ばしいソースの組み合わせが忘れられないほど! さらに、トロけるような食感の茄子もジューシーで、ひと品目から目を閉じてそのおいしさをしばし堪能(笑)。

続いて登場したのが、高級魚クエを使ったおつまみ。クエに九条ねぎとかんずり(唐辛子を使った新潟県発祥の調味料)をのせていただくと本当に風味がよくて、次から次へのと口の中へ。普段、食卓にのぼらないようなお魚や食材がいただけるのも、寿司屋のおまかせコースならでは。

3品目にして、テンションが急上昇するどんぶりが登場…見ただけでおいしさが伝わってくる「ウニとイクラの小どんぶり」。しゃりよりも、ウニとイクラの量が確実に多い。ウニ、イクラ、しゃり、3つの食材をバランスよく食べたり、ウニ多め、イクラ多めにして食べたり、ひと口ごとに思わずにんまりしてしまう至福のひと品。

おつまみもおいしいんですが、握りも本当に素晴らしくて1貫ごとに悶絶しっぱなし。

脂がのって口の中でトロけていった鰯。いままで食べた鰯料理の中で、間違いなく1番おいしかったです。

甘みがあって歯ごたえがよくて、あと味が印象的だったのが車海老。食べたときの満足度だけでなく、この芸術的な見た目にも心をグッとつかまれました。

楽しみだったまぐろは青森県大間産、赤身、中トロ、大トロをいただきました。

 

口福ディナーもクライマックスをむかえるころには、こんな箱入りウニが目の前に。こんなに粒が大きくてキレイなウニは、見ているだけで本当に幸せな気分に。なかなかお目にかかれない代物なのでかなりドアップで撮影。食運だけじゃなく、金運も上がりそうなので、いまでは携帯の待ち受け画面にしています(笑)。

ウニの軍艦。ウニだけじゃなく、海苔も本当においしくて、店主のこだわりを感じました。

今回は記念日ということだったので、ひとりの予算が2万7000円というこれまでにない高額ディナーになりましたが、年に1度の誕生日のお祝いや結婚記念日、身内のお祝い事など、「この日はぜいたくしてもいいかな?」というとっておきの日を、より特別な日に格上げしてくれる名店だと思います。

くろ﨑

東京都渋谷区渋谷1-5-9

03(6427)7189


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 4月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ