若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

【中目黒・焼き肉】猛暑を乗り切れる! お肉&サイドオーダーも絶品焼き肉店

【中目黒・焼き肉】猛暑を乗り切れる! お肉&サイドオーダーも絶品焼き肉店


暑い夏こそ、スタミナをつけて元気に乗り切りたいタイプの私。そんなとき足を運ぶのが、「ホルモンとく 中目黒」。店名通りホルモンがおいしい焼き肉屋さん。

こちらで席予約をするときに、必ず一緒にオーダーするのが「新鮮レバ焼」。鮮度のいいものが入荷しないと店頭に出さないというひと皿で、予約していても食べられないこともある幻のメニュー。

表面をサッとあぶり、塩入りのごま油をつけて口の中へ…甘くてトロけるーーー。鮮度が高いからレバ特有の臭みは一切なし。本当に甘くておいしいから、ひとりひと皿、余裕で食べられるほど。

それから、「上生タン塩」も必ずオーダーしてほしいメニュー。厚みがあっても柔らかく、厚切りのタンの概念が変わるはず!

思わず、「きれいー」って口に出てしまった「上ハラミ」。この部位も予約時にオーダー必須の人気メニュー。しっかり火入れをしても硬くならず、かめばかむほどうまみが増して、赤身特有の肉汁も十分堪能できます。

白ごはん派には「上ロース」のタレがおすすめ。ほどよい霜降り具合で、食欲がない人もこれならきっと食が進むはず!

焼き肉のあとに〆を食べたい人には、塩味のテールラーメンを! たっぷりのねぎと牛テールスープの相性がよく、スープまで飲み干したいほど絶品。

お肉はもちろん、サイドオーダーもおいしいものぞろいなので、スタミナ切れ&体力つけたいときにこそ足を運んで、この夏を元気に乗り切っていきましょうね。

ホルモンとく 中目黒

東京都目黒区上目黒2-15-6 諸橋ビル2階
03(6452)3737


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ