若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

【表参道・フレンチ】どんなシーンでも活躍するコスパ最強フレンチ

【表参道・フレンチ】どんなシーンでも活躍するコスパ最強フレンチ


これから迎える春は新生活をスタートさせる季節。シティリビングWebをご覧のみなさんも、送別会や歓迎会以外にも、誰かのお祝いをすることも少なくないのでは? 
そういう私も先日、入籍した友人カップルをお祝いする会の幹事に。男女7名、年齢も食の好みも違う出席者全員に喜んでもらえる、スペシャルなお店選びはなかなか時間がかかりました。
幹事若菜が選んだお店は「L'AS」というフレンチレストラン。実はこちら、南青山にありながら、5000円のコース料理1種類だけで勝負しているコスパ最強のお店。この日はお料理6品、お口直しとデザートが1皿ずつ、食後のドリンクの計9種類がテーブルへと運ばれてきました。
「L'AS」にはみんながお目当てにする、スペシャリテがあります。それが、「フォアグラのクリスピーサンド」。食感のいいクリスピー生地の間に、濃厚なフォアグラとキャラメル・オレンジのソースが! フォアグラと組み合わせるソースは季節によって異なるんですが、それが「L'AS」を訪れるときの楽しみのひとつになっていて。じっくり堪能できるフォアグラの大きさ、食感のよさ、おいしさが高まるソースのハーモニーは、かなりテンション上がります。
そのあとも、見た目に美しく感動的なおいしさをもたらすメニューが続々登場。
「新玉ねぎの蒸し焼き」は、甘みをしっかりと引き出した新玉ねぎに、12カ月熟成させたコンテチーズをたっぷりかけた温前菜。単品で食べても十分おいしんですが、ふたつを一緒に口に運ぶと、しっとり甘い新玉ねぎとチーズのコク&塩加減の相性抜群。食いしん坊センサーが動いて、最後は焼きたてのパンにはさんでいただきました。
この日、何よりびっくりしたのが、エゾ鹿を使った冷前菜。正直、ジビエは苦手だったんですが、このレアな状態でも肉の臭みは一切なし! 肉質も本当に柔らかくて、メニューを見なければ高級和牛と思ってしまうほどのクオリティ。食べるときは卵黄をつぶして、リンゴと根セロリ、ソテーしたマッシュルームにからめて鹿肉と一緒に。このひと皿のおかげで、苦手意識のあったジビエの印象を一変させてくれました。
肉料理のメインは「牛タンのやわらか赤ワイン煮」。香りのよいポルチーニのソテーとほうれん草のピューレがアクセントになって、最後まで飽きずに完食。
こんなにおいしくて手の込んだコース料理が、表参道の立地で5000円でふるまわれるなんてミラクル! コスパ最強フレンチの称号を授与したいほど! そして、男性陣も満腹になるボリュームだから、記念日デートにもおすすめです。
歓迎会、送迎会、女子会、記念日デートなどなど、誰と行っても、どんなシーンにおいても、みんなの気持ちをあげてくれるお店。今度はどんなシーンで誰と利用することになるのかな?
L'AS
東京都港区南青山南青山4ー16-3

080(3310)4058

 


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ