若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

【北参道・フレンチ】満足度150%!人気フレンチの大充実ランチブッフェ

【北参道・フレンチ】満足度150%!人気フレンチの大充実ランチブッフェ


2017年に行ったレストランの中で、味や盛り付け、プレゼンテーションなどすべてにおいて、最もテンションが上がったMYベストが北参道にある「シンシア」。彩り豊かな旬の食材をすてきなひと皿に仕上げ、想像もしないような抜群の仕掛けでテーブルへと運んでくれる絶品フレンチ。そのお店が週に1度、土曜日限定でブッフェスタイルの営業をしていると聞き、先日、念願叶って行ってきました!

ランチブッフェの日だけ、店名が変わる「シンシアプラス」は、色鮮やかでフレッシュな旬野菜のバーニャカウダから始まり、和牛のサラダや平目のカルパッチョなどの冷菜、白身魚のパイ包み焼きやトリッパのグラチネ、海老のクリームコロッケなどの温菜など、12種類以上の前菜がすべて食べ放題! なので、朝食抜きで参戦がマストです。

 

 

お料理が並ぶテーブルはバラエティ豊富で、本当に色鮮やか。見ているだけでテンションが上がる最高のステージ。撮影しているそばから、ワクワク感や楽しさがあふれてくるのと同時に、「どれから食べようーーー♪」という高揚感が! 思わず目移りするほどのお料理のラインナップに、店内にいるすべての人のテンションが確実に上がってました。

 

「シンシア」の魅力でもある、ひと皿ひと皿のプレゼンテーションのクオリティの高さは、「シンシアプラス」でも継承されていて、この日のスターはかわいいうさぎの最中。中を開けてみたらフォアグラがぎっしりと詰まっていました。見た目だけじゃなく、使われている食材にもテンションが上がる、そんな絶品メニューがズラリと並ぶのも「シンシアプラス」のブッフェならでは。

「シンシアプラス」のブッフェランチはこれだけでは終わりません! なんと、お肉のメインディッシュ付きで、この日のメインは和牛頬肉のポトフ。頬肉はナイフがいらないほどトロトロで、野菜はそれぞれの旨みや甘みも十分感じられ、それら両方のおいしさをギュッと凝縮したスープは、最後の1滴まで飲み干すほどのおいしさ。こんなにおいしくて満足度の高いランチブッフェは生まれて初めて!

 

メインをいただいたら最後に食べたくなるのがデザート。この日のランチブッフェには、焼きたてのスフレがついていました! メインを食べ終わってすでに腹ぱん状態…デザート完食が危ぶまれましたが、ふわふわっの焼きたてスフレを見た瞬間、「これは絶対に食べなきゃ♪」って気持ちに。熱々スフレは口の中でふわっとトロけて、満足度150%のランチブッフェの締めくくりにふさわしい至福の味。

味や見た目、品数など、すべてにおいてパーフェクトなランチブッフェが3700円(税・サービス税別)で食べられるなんて、本当にミラクル! 気になる予約方法は、毎月1日に翌月の予約が開始されるシステム。あの感動を味わいたいから、来月1日に頑張って次の予約を取らなくちゃ♪

 

シンシアプラス
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-7-13 原宿東急アパートメント B1F
03(6804)2006


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 2月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ