若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

【広尾・イタリアン】最高の料理と空間で相手との距離感が縮まるイタリアン

【広尾・イタリアン】最高の料理と空間で相手との距離感が縮まるイタリアン


日比谷線広尾駅からすぐ、広尾商店街を抜けた閑静な路地を入ったところに、前々から行きたいと思っていた「BOTTEGA(ボッテガ)」があります。こちらは、私の周りの舌の肥えた美食家たちが、こぞって足を運んでいるイタリアン。

このひと皿を目がけてやってくる人が少なくないという前菜が、「燻したメカジキと香草カルパッチョ仕立て」。その名の通り、燻(いぶ)したメカジキの上に香り高い香草をのせ、さらにその上に、トマトのうま味を凝縮させたジュレを重ねたひと皿。見た目にも鮮やかで、食べてもかなりテンションあがります。

イタリアの郷土料理がベースながら、季節の食材を使った料理も得意なシェフ。この日いただいたパスタが「しらすとカラスミのタリオリーニ」。オリーブオイルベースに、生しらすとカラスミがたっぷり…。これはおいしくないわけがない最高の組み合わせ。実際、口に運んでみてもカラスミの塩加減が絶妙で、ペロッと完食! 生しらすとカラスミが一体になった食感も、うま味も抜群で「これなら永遠に食べていられるかも」と思ったほど。

 

また、その名称を見たらオーダーせずにはいられない、「完熟トマトとブラータチーズ」。酸味のあるトマトと甘みの強いトマトがミックスされていて、こちらも夢中でいただきました。

この日、メインに選んだのが「黒毛和牛のローストと秋トリュフ」。秋を感じるトリュフの芳醇な香りも最高でしたが、パサつくことなくしっとりと火入れされた、黒毛和牛のおいしさに大感動! メインの前に前菜2皿、パスタ2種類を食べ終わっていたにもかかわらず、最後の最後までおいしくいただきました。

ミシュラン一つ星を獲得しているだけあって、料理の完成度がものすごく高い印象。それなのに、肩肘はることなく、本格イタリアンを存分に堪能できるところがうれしい! そして何より、カウンター8席、テーブル4席のこぢんまりとしたお店の雰囲気が心地いい! 居心地がよすぎて、料理だけじゃなく、ワインも進んでほろ酔いに。この雰囲気のよさは、気になる人との距離感を縮めるのに最適。いま、距離を縮めたい相手がいるなら、BOTTEGA(ボッテガ)でのクリスマスデートを本気でおすすめしたいです。

BOTTEGA(ボッテガ)
東京都渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾地下1階
03(6450)3933


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ