若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

【浅草・焼き肉】都心の約半値! 行く価値のある焼き肉タウンの絶品店

【浅草・焼き肉】都心の約半値! 行く価値のある焼き肉タウンの絶品店


ずいぶん前から浅草には、おいしい焼き肉店が多いことは知っていたんですが、下町になじみがなかったのでなかなか足が向かなくて。そんな矢先、肉好きの友人に誘われて、ついに浅草焼き肉デビュー! そちらのお店があまりにもおいしくて安かったので、ブログでアップすることに。

浅草の裏路地、通称焼き肉ストリートの一角にある「冨味屋」。レバーやホルモンがおいしいと聞いて伺ったんですが、とりあえず、タンとうわさのレバーからオーダー。

庶民的なルックスですが味の良さに驚愕(がく)! タンはほど良い厚みながら肉質が柔らかくて、ものすごくジューシー。レバーは両面を炙って食べたんですが、臭みがまったくなくて本当に甘い! しかも、「これなら永遠に食べていられるかも」と思うほど軽くて、早くも浅草焼き肉の名店の実力を痛感しました。

続いてオーダーしたのが上ハラミ。見た目からもそのおいしさが伝わってくるようなパーフェクトな断面。

写真撮影も早々に、上ハラミを昔ながらのロースターで焼くと、かめばかむほど肉汁があふれて旨みがすごい。このおいしさ、このクオリティで1800円はうれしすぎっ。

こちらの人気メニュー、ホルモンおまかせ4種盛(1300円)はそのおいしさを堪能したくて、塩ダレでお願いしました。このお皿が運ばれてきた瞬間、「キレイ~」と声が出てしまったほど。シビレやミノの色が本当に美しく、鮮度の高さを見せつけられてかなりテンション上がりましたー♪ 焼き上がったホルモンにカラシをつけて食べるスタイル、クセになりそうです。

実はホルモンおまかせ4種盛があまりにもおいしくて、味噌ダレバージョンもオーダー。塩ダレには入っていなかったセンマイやハツなど、違った部位を盛り合わせてくれる配慮も高ポイント。

これらを食べ終え、新たにカルビを追加し、レバーとタンを1人前ずつおかわり。思う存分お肉を堪能したあとは、〆のビビン麺(1000円)とテールスープ(900円)をオーダー。

女3人でこんなに食べまくって、お会計は2万円弱。お酒をほとんど飲まないにしても、ひとり6000円強ってコスパよすぎです! どのお肉も本当においしかったので、浅草冨味屋ツアー定期化を本気で検討中。その前に、来週あたり予約を取って駆け込んでみようかな。

冨味屋

東京都台東区浅草2-14-7

03(3844)3667


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ