若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

【恵比寿・焼き鳥】味よし値段よし雰囲気よし、デートで行きたいおしゃれ焼き鳥

【恵比寿・焼き鳥】味よし値段よし雰囲気よし、デートで行きたいおしゃれ焼き鳥


これまでのブログでは「コスパがいい」とか、「とにかくおいしい」という視点で、お店をセレクトしてきましたが、今回はちょっと目先を変えて、「パートナーや気になる彼とのデート」で活用できそうなお店を紹介します。

今回、ピックアップするのは中目黒にある焼き鳥の名店、いぐちの恵比寿店。店内はとにかくシックで黒と木目が印象的。一見するとBARのような雰囲気で、焼き鳥店とは思えない、しっとりとした大人の空間です。

今回オーダーした焼き鳥のコースメニューも、いい意味で期待を裏切る料理の連続。ひと品目から最後まで趣向が凝らされていて、王道の焼き鳥だけじゃなく、見て食べておいしい料理が次々と運ばれてくるのが魅力。

この日のスターターは、なんとフォアグラコロッケ。一口サイズながら、フォアグラがたっぷり入っていて、かなりテンション上がります!

前菜ふた皿目が枝豆と山芋を使った冷製茶碗蒸し。旬の枝豆の甘みと山芋のつるっとした食感が新しく、口当たりもいいのであっという間にペロリ。

続いての前菜は自家製のレバーパテ。ミニサイズのトーストの上に濃厚パテをのせていただきます。

前菜が終わるとおすすめの串もの5本が登場。ねぎまの横に添えられているガリがいい口直しになって、食が進みます。

表面がパリッと焼かれた手羽先。食べやすさを重視して、骨を取って焼いてもらうことも可能なんですが、その場合、身が小さくなってしまうので私は骨つきのままいただきました。

おすすめ串が5本出たところで、ひと口で食べられるピンチョススタイルの焼き鳥にシフト。砂肝やボンジリなど、いろいろな部位がちょこちょこ出てくるので、男女問わず満足度が高いはず!

ミニトマトやズッキーニなどの季節の野菜もピンチョススタイルで出てきます。コースメニューは以上で終了。

実はこの「焼鳥おまかせコース」23品で4800円(税抜き)っていうから、本当に驚き! 

店内のお客さまを見ても男女ペアが8割超。そんなところから見ても、女子会というよりデート向きのお店だと思うので、予定がある人は近々行ってみてください。 

中目黒 いぐち 恵比寿店

東京都渋谷区恵比寿南2-1-5 ES215ビル 5階
050-2018-3412


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ