ミキカリーさん

ミキカリー

兵庫県神戸市出身

シティリビングWeb編集者&Curryブロガー。休日、夫に子どもを預けてカレーやさん巡りをするのが何よりの息抜き。 2007年から連載していた旧カレーブログはこちら

New Articles

唯一無二のもっちもちカレー! 渋谷スクランブルスクエアの新店「nuka」

唯一無二のもっちもちカレー! 渋谷スクランブルスクエアの新店「nuka」


こんにちは、ミキカリーです。先日、11/1(金)に開業する「渋谷スクランブルスクエア」をひと足先に取材してきました。そこで見つけたカレーの新店レポをお届けしたいと思います!

「東急フードショーエッジ」の地下2階に登場したのが、「寝かせ玄米とカレー&スパイス nuka(ヌーカ)」。無添加のオリジナルスパイスカレーを玄米とともに楽しめる新業態の店舗です。
カレーのメニューは全部で3種類。1つずつ紹介します。

「ポークカレー」(1080円)は国産豚ひき肉とタマネギがたっぷり入ったスパイシーなカレー。うま味たっぷりで後引く味わい!

「バターチキンカレー」(1080円)はボリュームのある国産鶏肉が入っていて、食べ応えバツグン。カシューナッツの甘みがあり、辛さは控えめ。

両方食べたい!という人の声に応えて、「ポーク&バターチキンのあいがけカレー」(1380円)も。スパイス卵(150円)をトッピングすると、見た目がより華やかに♪

ごはんは白米ではなく、同店を運営している“結わえる”という会社が開発した「寝かせ玄米ごはん」。香ばしい胚芽がカレーに合う“胚芽押麦ブレンド”は、nuka限定のブレンドです。

ミキカリーはこの玄米を初めていただいたのですが、もっちもち感に大・大・大感動! 「え、これはもち米? おこわ…?」と食べるたびに驚いてしまうほどの食感、ぜひみなさんと分かち合いたい…。タイ料理店で、もち米とグリーンカレーを一緒に食べることがあるかと思いますが、それに近いかも!?

レトルトカレーや「寝かせ玄米ごはん」のお土産も充実! 種類が豊富な上、お手頃な値段で買えるのもうれしいです♪

ネーミングからして気になる「グルグルグリーンカレー」。これ1本で約7~8皿分のカレーができます。

「カレー糀」などの変わり種調味料も発見。これ、気になります…!

実はこちらのお店、年間200軒以上のカレーを食べ歩くカレーマニアとしても知られるホフディラン・小宮山雄飛さんがアドバイザーに就任しています。“食べると元気になり、毎日食べても飽きない、カラダが喜ぶおいしいカレー”をコンセプトに考えたそうです。

席数は7席と少ないので、オープン直後は混雑必至ですが、ぜひ足を運んでみてくださいね♪

「寝かせ玄米とカレー&スパイス nuka(ヌーカ)」

mikicurry tips

「寝かせ玄米」について詳しく解説。特注している圧力釜で炊いた玄米を3~4日間保温状態で寝かせて熟成させることで、玄米特有のくさみやパサパサとした食感を消し、うま味と甘み、独特のもっちもち食感を出したもの。保存料・添加物は一切使っていないとのこと!

おすすめのカレー情報募集中!


「カリー my Love」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ