ミキカリーさん

ミキカリー

兵庫県神戸市出身

シティリビングWeb編集者&Curryブロガー。休日、夫に子どもを預けてカレーやさん巡りをするのが何よりの息抜き。 2007年から連載していた旧カレーブログはこちら

New Articles

【神保町】南インド料理の新店「三燈舎(SANTOSHAM)」で幸せミールスを♪

【神保町】南インド料理の新店「三燈舎(SANTOSHAM)」で幸せミールスを♪


こんにちは、ミキカリーです。元祖カレーの街といえば神保町。老舗の有名店がひしめき合う中、今年5月にオープンした「三燈舎(SANTOSHAM)」へ、休日ランチで行ってきました♪

場所は神保町と小川町(淡路町)のほぼ中間地点(御茶ノ水からも歩けます)。靖国通り沿いを歩いていると、5分ちょっとで看板を発見! 階段で2階に上がります。

白を基調としたカフェ風の明るい店内で、お客さんは女子率高め(お店がほぼ満席だったので、店内の写真がこの1枚しか撮れず…)。大きな窓からは木々の緑が美しく、癒やしの空間そのものです(ぜひ公式Instagramで画像を見てみてください~)。

まずは、ハートランド生(550円)で乾杯!

休日はランチセットがなく、終日ディナーメニュー対応。スタッフにおすすめを聞いてみると、「初めてなら、まずはミールスを」とのこと。
ノンベジの「SANTOSHAM MEALS」(1850円)、ベジの「VEG MEALS」(1750円)の2種類があり、ミキカリーは内容盛りだくさんの「SANTOSHAM MEALS」をチョイス♪ チキンカレー、魚カレー、サンバル、ラッサム、トーレン、バスマティライス、バトゥーラ、パパダム、アチャールがワンプレートになっています。

ミキカリー大好物のバトゥーラ(ナンの生地を油で揚げたパン)は、チキンカレー(写真手前右)との相性がバツグン! そして、チキンカレーにサンバルやラッサム、ライスを混ぜ混ぜしていただくと、また新たなおいしさが生まれます。ライスとサンバル、ラッサムはおかわりできるのもうれしい♪

濃厚なマンゴーラッシー(480円)もカレーと一緒にいただきます。

食後はホットのチャイ(300円)を。カレーを食べた後のチャイって、なんでこんなに落ち着くんでしょう…!

帰り際に常連さんらしき人が食べていた「えびカレーバナナの葉包み」のいい香りにうしろ髪を引かれながら、お店を後に。次回は必ずえびカレーを食べると心に決めたミキカリーでした☆

「三燈舎(SANTOSHAM)」

mikicurry tips

SANTOSHAMとは、南インド・ケララ地方の言葉で“幸せ”という意味だそうです。スタッフの笑顔がとてもすてきで、ミキカリーもまさに幸せをおすそわけしていただきました!

おすすめのカレー情報募集中!


「カリー my Love」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ