ミキカリーさん

ミキカリー

兵庫県神戸市出身

シティリビングWeb編集者&Curryブロガー。休日、夫に子どもを預けてカレーやさん巡りをするのが何よりの息抜き。 2007年から連載していた旧カレーブログはこちら

New Articles

【渋谷】カレー通・小宮山雄飛さんが手がける「Lemon Rice TOKYO」に初潜入!

【渋谷】カレー通・小宮山雄飛さんが手がける「Lemon Rice TOKYO」に初潜入!


こんにちは、ミキカリーです。ほどよく涼しく、ピクニックしたくなる季節ですね! 先日、念願かなって話題の「レモンライス」のテイクアウト専門店に行ってきたのでレポートします。 ※記事の最後に「ZIMA」の新商品プレゼントがあります!

場所は渋谷駅西口から5分弱の「Lemon Rice TOKYO」。カレー通で知られるホフディラン・小宮山雄飛さんが2018年9月10日にオープン。わずか1坪のコンパクトなお店ですが、次から次へお客さんがやってきます。ここで買えるのが、店名にもなっている「レモンライス」。

レモンライスとは、分かりやすく例えると「スパイス入りのレモン味チャーハン」。南インドの家庭料理で、カレーと一緒に食べるのが一般的です。

さて、列に並んで少し待つと自分の番がやってきました。メニューはレモンライス(800円)一択なので、買いたい個数を伝えましょう。

レモンライスにはエキゾチックチリソース(辛口)、たまねぎのアチャール、パクチー、季節のバジルピクルス、レモン、カレーソースが付いています。

その場で食べることはできないので、オフィスへ持って帰って実食(本当は代々木公園で食べたかった~)。さて、ふたを開けてみると…これはおいしそう! スパイスの香りと彩りの美しさに期待が高まります。

一緒に入っていた紙ナプキンに「レモンライスのおいしい食べ方」が書いてあったので、紹介しますね!

(1)まずはライスをそのまま
(2)付け合わせと一緒に
(3)ソースをかけて
(4)あとはお好きに(レモンをかけて風味アップ!)

とのことです。

ではおすすめ通りにいただきます~。押し麦やピーナッツが入っていて、食感が楽しい! マスタードシードも味のアクセントになっています。冷めてもおいしく食べられそう。

こちらがカレーソース。いわゆるカレーよりさらっとしたスープ状です。レモンライスにかけていただいてみましょう。

レモンライスの風味を邪魔しないバランスが絶妙! 大きめの鶏肉も入っていましたよ~。

ミキカリーのツボだったのが、辛口のエキゾチックチリソース。お酒好きの辛党の人は、これだけで何杯でも飲めると思います! もちろん、好みに合わせてレモンライスに混ぜながらいただくのも◎。

人気につき早めに売り切れることも。お店のホームページやSNSで情報をチェックしてから買いに行くのをおすすめします♪

「Lemon Rice TOKYO」

mikicurry tips

「Lemon Rice TOKYO」のレモンライスは副菜も含めてすべて手作りのため、作れる数に限りがあるそうです。化学調味料・保存料・小麦粉を一切使っていないというのもすごいですね!

レモネードのさわやかさとラズベリーの甘酸っぱさをミックスした新商品「ZIMA PUNK LEMONADE」2本セットを12人にプレゼント♪

応募締切:2018年11月6日(火)

プレゼントの詳細・応募はこちら

おすすめのカレー情報募集中!


「カリー my Love」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ