ミキカリーさん

ミキカリー

兵庫県神戸市出身

シティリビングWeb編集者&Curryブロガー。休日、夫に子どもを預けてカレーやさん巡りをするのが何よりの息抜き。 2007年から連載していた旧カレーブログはこちら

New Articles

【湯島】梅まつりとセットで訪れたい! 春爛漫プレート「ホンカトリー」

【湯島】梅まつりとセットで訪れたい! 春爛漫プレート「ホンカトリー」


こんにちは、ミキカリーです。そろそろ春の訪れを感じる梅の季節ですね♪ 先日、梅まつりで有名な「湯島天神」に行こうと思い立ち、ふらっと1人で参拝してきました。その際に、とてもすてきなカレーのお店を見つけたんです!

そのお店の名前は「ホンカトリー」。湯島駅と御茶ノ水駅のちょうど中間ぐらいの場所です。この黄色い看板が目印。店内の写真を撮れませんでしたが、すっきりとしたデザインで、コンクリートの壁が印象的。カウンター席のみです。

「ホンカトリー」では、2種類のカレーからいずれか1種類を選ぶスタイル。ミキカリーが伺った日は「鰯タマリンド」「キーマ牛豚」の2択でした(いずれも1000円)。正直「どっちも食べたい~!」という心境でしたが、こんなときに限ってひとりぼっち…(涙)。「鰯タマリンド」に後ろ髪をひかれつつ、「キーマ牛豚」をチョイスしました。

お待ちかねの料理が登場。バスマティライスが、う、美しい♪ 湯島天神の梅に負けず劣らず華やか。これは食べる前から気持ちがアガります。

この色彩、もはや芸術…。実際に食べてみると、見た目だけでなく食感や味わいなど、さまざまなバランスを考えて作られている、と感じました。中東のコロッケ「ファラフェル」(写真右奥)や甘くない玄米フレークが、独自の存在感を放っています。

和の香りを感じるカレー「キーマ牛豚」。スパイスはもちろん、黒ごまや大豆がたっぷり。体によさそうでうれしい☆

おすすめの食べ方が書いてあったので紹介。最初にライスと野菜を適当に混ぜ、そこから先、カレーの混ぜ方はお好みでどうぞ、とのこと。確かに「ホンカトリー」のカレーは、スリランカカレー同様“混ぜ混ぜ”がしっくりくる…!

次に、卓上の調味料を追加して、さらにカスタマイズ。「プリック・ナンプラー(ナンプラーとタイ産青唐辛子・写真手前左)」「島唐辛子酢(お酢と島唐辛子・写真奥)」「マンゴーピクルス(写真手前右)」の3種類が置いてあります。

ミキカリーはまず、カレーとよく合うという「プリック・ナンプラー」を投入(カレーの調理にナンプラーを使っているので、相性バッチリなんですって!)。辛さとしょっぱさがいい塩梅で足されて、おいしさがぐーんとUPしました。酸っぱさ・しょっぱさ・辛さを兼ね備えたマンゴーピクルスは、後半に少量混ぜて、“プチ味変”を楽しみました~。

丁寧に作られたカレーをいただいて、ミキカリーの幸せ度MAX! ごちそうさまでした♪

「ホンカトリー」

mikicurry tips

今年で第62回となる湯島天神の「梅まつり」は3月8日(金)までの開催。期間中の毎週土・日曜は、本殿裏の特設奉納舞台でさまざまなイベントが行われます。行くなら今! ぜひ足を運んでみて♪

おすすめのカレー情報募集中!


「カリー my Love」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ