乙女の美術館案内「第5回:建築もステキ 21_21 DESIGN SIGHT」


CITYカルチャーART 美術館の乙女心をくすぐるステキをご紹介 乙女の美術館案内

建築もステキ 21_21 DESIGN SIGHT

Present

美術館に興味はあるけれど、
「アートって敷居が高い気がする」「楽しみ方が良く分からない」という人も多いのでは?
このコラムでは、展覧会だけじゃない、乙女心をくすぐる、美術館の“ステキ”ポイントをピックアップ。初心者でも気軽に楽しめる美術館を紹介します。

デザインと建築を一緒に楽しめる美術館

ギャラリー写真

地下でも自然光がたっぷり入る空間。
Photo:Masaya Yoshimura/Nacasa&Partners Inc.

ギャラリー写真

企画展ごとに装いを変えるギャラリー。
写真は現在開催中の「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」

「グッドデザイン賞」は、今や広く知られた制度になり、何かを購入する際の判断基準のひとつになっている人もいると思いますが、「デザイン」とはどういうものか、となるとはっきりと言葉にはしにくいもの。日常に不可欠で「アート」と密接に関わっていながら、なかなか定義が難しい「デザイン」に焦点を当てた美術館が、六本木にある21_21 DESIGN SIGHTです。

「ISSEY MIYAKE」で知られる有名デザイナー・三宅一生氏をはじめ、佐藤卓氏、深澤直人氏の3名のデザイナーがディレクターとなり、2007年に六本木ミッドタウンのガーデン内に設立され、デザインの視点からさまざまな発信・提案を続けています。

建築設計は、直島にある地中美術館や上野にある国際こども図書館などを手がけた安藤忠雄氏。三宅一生氏の服づくりのコンセプト「一枚の布」をイメージして、美術館の屋根は一枚の鉄板を折り曲げたような造りになっています。一見、1階建の平屋のように見えますが、ボリュームの約7割が地下に設けられ、広々とした展示室が広がっています。

内壁は安藤忠雄建築に代表的なコンクリート打ちっぱなしで少し冷たいイメージですが、日本最長の複層ガラスによる窓や、建物間にある吹き抜けとなった三角形の庭に面する大きな窓からは自然光がさしこみ、美術館に様々な表情を与えています。階段部分も特徴的で、壁に側面が接着されていないため、わずかにできた隙間から柔らかな光が入りこみます。日本を中心とした素晴らしいデザインを紹介するのにふさわしい、日本の技術が集結した建物になっています。

2つあるギャラリーは、展覧会ごとに装いを大きく変えます。細長いスペース全体を使って展示することもあれば、いくつか小さな区切りを作って表現することもあり、行く度にどのような世界が広がっているのかが楽しみのひとつとなっています。ギャラリーの最後には、足下からの間接照明で照らされたほのかに明るい廊下があり、そこを通り抜けて出口に向かいます。このスペースには気持ちや心をリセットできるようにという想いが込められているとのこと。

身近なものを題材に、常にデザインの楽しさを伝えている21_21 DESIGN SIGHT。実際に触れたり、写真撮影をしたりと来場者がアクションできる構成も多く見られ、家族連れでも訪れやすいデザイン施設になっています。まだ行ったことがない人はぜひ!毎日の暮らしが楽しくなるヒントがたくさん詰まっていますよ。

開催中の展覧会情報

日本のデザインミュージアム実現にむけて展
日本のデザインミュージアム実現にむけて展
歴史を振り返られる展覧会

2007年の開館から今までに開催された23の企画展を振り返ることができる展覧会。過去の企画展ごとに四角いスペースが割り当てられていて、それぞれ担当ディレクターが今回のために改めて展示を行っています。女子にオススメなのは、テマヒマ展の曲げわっぱやチョコレート展のポッキーの人形の展示など。普段目にしているものがここでは別の角度からスポットライトを浴びて紹介されています。また、企画展ごとにオリジナルで作られるグッズも要チェック!今回は、シールやタブロイド版の新聞などが登場しています。毎回趣向を凝らした商品はショップのみで購入可能です。

PRESENT
鑑賞チケットプレゼント

「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」のチケットを5組10人にプレゼント!


 

21_21 DESIGN SIGHT

(トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト)

東京都港区赤坂9-7-6
東京ミッドタウン・ガーデン内
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」より
徒歩5分
03-3475-2121
http://www.2121designsight.jp/



開館時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
休館日:火曜日年末年始、展示替え期間
入場料:一般1000円
※開館時間、休館日、入場料は、展覧会やプログラムによって変更する場合があります。

編集部オススメ

12月のミッドタウンはイルミネーションがとってもキレイ!美術館は20時まで開館しているので、仕事帰りに展覧会と一緒に楽しめますよ。ガーデンが望めるレストランもあるので、デートにも最適です。クリスマス期間は夜間無料のサービスも。詳細はHPでチェックして!

THE ART

あなたのオススメの美術館を教えて

リビコミュのトピックでコメントを書いてくださいね。
【文学の世界】
オススメの美術館を教えて http://com.living.jp/com/25/th/2157


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 4月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ