心は正直? みんなの“つい”パートナー以外の人にときめいてしまう瞬間


入賞作品

不意打ちの胸キュン劇場

以前、彼と彼の友人と3人で食事に出かけたときのことです。帰り際に彼から「ATMに寄りたいからここで待ってて」と言われ、彼の友人と2人で待っていました。私は、憧れている女性の写真を見せたりして「すっごくキレイな人でしょ? 憧れるわぁ…」などと話していたら、彼の友人から「○○さんのほうが僕はキレイだと思うし、好きだな」と笑顔で言われ、火がつくほど恥ずかしかったのとドキッとしたのを覚えています(ぺこ)

年下の男子と仕事の休憩時間に、得意料理の話をしていたとき。彼から「僕が作った味噌汁、本当においしいんです! 本当に、〇〇さんには一回食べてほしいなー!」と言われました。年下というだけでかわいいのに、さわやかにそんなことを言われてキュンときたし、心が潤いました。え、家に来てということ? 純粋に食べてほしいということ? など考えてしまいましたが、そんなことはもう、どうでもいいです(はちこ)

押しに弱いのよ

結婚式の二次会で、同じテーブルになった男性がまあまあタイプでした。クイズで盛り上がって会話もはずみ、彼が思い切ったように連絡先を聞いてきたんです。迷っていると、同テーブルだった友人も「連絡先くらいいいじゃん」と言うので交換しようとしました。が、その様子を見ていた別の友人であり私の元先輩が「おい、この子旦那いるよー」と割って入り、気まずい感じで終了。内心ほっとしたような、少し残念なような複雑な気持ちに。結婚をもう少し待てばよかったかなと後悔した瞬間でした(ゃんゃん)

気遣いができる人はやっぱりステキ

ヘアスタイルなどのちょっとした変化に気付いて、ほめてくれる人。さらに「俺はこっちが良いな」と好みを言われた瞬間はドキッとする(eryyy)

重い物を持ってくれたり、ちょっとしたところで優しくされると女として扱ってくれてるな…と、ときめいてしまう。これって絶対あるあるだと思います(チョコ)

仕事のデキ度にキュン!

仕事でトラブルが発生したとき、速やかに解決してくれたとき。「できる男!」「これは将来出世する!」と可能性と有能さにほれてしまいそうになります(けだま)

パートナーの足りない部分を埋めてくれたとき

パートナーから、名前ではなく「おい」とか「お前」としか呼ばれなくなったころに、同僚の男子から「〇〇ちゃん」と名前で呼ばれたときには、キュンとしてしまいました。やはり名前で呼ぶのは大事です!(さとみゆう)

パートナーが好き嫌いが多くてお酒が弱いのですが、私が好きなものを一緒においしく食べてくれて、たくさんお酒を飲んでくれる人がいたら、それだけでときめいちゃいます(みーこ)

見た目の好みにココロは正直

会員制のスポーツジムへ行った時のこと。男性専用の部屋でトレーニングをしている、夫と同年代の男性の鍛えられた身体を目の当たりにしました。だぶだぶ、ぶよぶよの夫とは大違い! その男性に誘われちゃったりなんかしたら…絶対ついて行っちゃうと思いました(鳩子)

シュッとしたスリムな男性がタイプの私。好みのスタイルの男性を見るたびにときめいてしまいます。ちなみに旦那はぽっちゃり(あやぴょん)

好みかどうかは置いといて、すごく美しい容姿の人がいたら、心を奪われてしまいます。そういう人がまわりにいるだけで心と生活が潤うんです。別に、その人とどうなりたいとも思わないから、許して!(にゃんこ)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 8月23日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ