慰謝料の時効は3年 過ぎれば請求できず


法律

離婚と不倫の慰謝料

一審、二審の判決を覆した最高裁の判決。
不倫そのものに対する慰謝料を認めないという趣旨ではないことを覚えておこう ※写真はイメージ

不倫(法律用語では「不貞行為」といいますが、ここでは「不倫」と呼ぶことにします)が原因で離婚に至った場合に、離婚に対する慰謝料を元不倫相手に対して請求することができるか否かが争われた訴訟において、先月19日、最高裁判所は、これを否定する判決を下しました。一見理不尽にも思えるこの判決ですが、不倫そのものに対する慰謝料を認めないという趣旨ではありません。どういうことか、少し分かりにくいと思いますので、今回は、このニュースを解説したいと思います。

不倫により婚姻生活の平穏を侵害された場合、不倫をされた妻又は夫は、不倫をした夫又は妻とその不倫相手に対して民法上の不法行為に基づく慰謝料を請求することができます。慰謝料の金額については、明確な基準はなく、ケースバイケースで判断されますが、相場としては100〜300万円程度と言われています。

ただし、この慰謝料を請求する権利は、不倫の事実と不倫相手を知ったときから3年が経過すると時効にかかってしまいます。冒頭に紹介したケースにおいては、時効により不倫に対する慰謝料を請求しえない状況であったために、離婚に対する慰謝料として請求することとなったもので、一審、二審では不倫と離婚に因果関係があるとして、不倫相手に約200万円の支払いを命じました。しかし、最高裁判所は、「離婚は夫婦間で決めるべき事柄」であり、「離婚させることを意図し、夫婦間に不当な干渉をした場合など特段の事情がない限り」離婚に対する慰謝料を不倫相手に請求することはできないとし、一審、二審の判決を覆したのです。

不倫相手への慰謝料請求は、3年の時効にかかる前に行う必要があるということを覚えておきましょう。

私たちへの影響

慰謝料の時効は3年
過ぎれば請求できず

大渕愛子さん
大渕愛子さん
アムール法律事務所、代表弁護士。10年間の弁護士経験を経て独立。事務所内にウーマンズサロン」を併設し、幅広く女性からの相談を受け付けている

Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 8月23日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ