東京

よしこ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:会社員
  • 5期から加入して3年目に突入しました♪美味しいもの、楽しいこと、限定ものが大好き。「走らざる者食うべからず!?」と、ダイエット目的で始めたランニング。今では47都道府県のマラソン大会を制覇することが目標です。8月時点で45都道府県に出場済なのであと2県。ほとんど大会レポート書いてなくてすみません!マラソン大会参加とともに各地のグルメも楽しんでいます。普段は近場を食べ歩く日々です。

New Articles

  • banner

シティメイト

走れ!食いしん坊☆まんぷく日記

【リンゴの街】弘前・白神アップルマラソン(ハーフの部)に参戦!


2017年10月1日(日)開催の「弘前・白神アップルマラソン」に参戦!

 

弘前市の土日弾丸観光編ブログはこちら

 

今回はマラソン編です。

 

地方大会の中には前夜祭が開催されることがあります。

それは必ず参加すべし!

というわけで、前夜祭会場はこちら。笹森記念体育館(追手門広場内)です。

会場は、たくさんの方に参加してもらえるように1階と2階に分かれています。

開始1時間前に開場だったので、開場直後に到着した私は2階へ案内されました。

きっと遅く来ると1階なのでしょう。

 

早く到着されていたランナーさんに話しかけていただき、スタートまでひたすらおしゃべり。

前夜祭には全国各地からのランナーさんが参加されるので交流もまた楽しみの1つ。

 

私と同じく47都道府県のマラソン大会制覇を目指していらっしゃるご夫妻と出会いました。

既に26都道府県を制覇されているとのこと

私はまだ23都道府県。負けてるぅ

私が参加していない県のオススメ大会を教えていただきました

私も頑張らねば~

それにしても、ご夫婦2人でマラソン旅ができるってうらやましいです

 

テーブルの上にはお食事が準備されていました。

前夜祭スタート!

弘前市長さんのご挨拶に始まり、スペシャルゲスト吉田香織さんが紹介されました。

乾杯~

しばしご歓談。

 

青森産の飲み物もありました。

もちろん、りんごも!

このりんごカッター。一瞬でりんごが8つ切りにできます。

青森の方々は皮を剥かずにそのまま食べるので、一瞬で食べられる状態に出来上がり。

すごく欲しくなりました

翌日の大会会場で360円くらいでりんごカッターが売られていたのですが、

走った後に買おうと思ってすっかり忘れて帰ってしまい、

悔しくて家の近くのスーパーで似たものを買いました

残念ながら弘前で売っていたもののほうが安くてコンパクトで良かったです。

やはり道具も買うなら産地ですね

 

さて、話は戻って

前夜祭では三味線などの民俗芸能も披露されました。

普通に観光に来ただけではなかなか見られないものをまとめて鑑賞できるのもマラソン大会の良さ。

ゲストの吉田香織さんが各テーブルを回ってくださいました。

記念撮影にも快く応じてくださり、とても素敵な方でした

香織さん、顔ちっちゃ

遠近法のように顔の大きさが違います(笑)

香織さん・同じテーブルで食事していた皆さんと

こうして弘前の夜は更けていきました。

 

 

当日は

 

大会会場までは大会が用意してくれた弘前駅から無料のシャトルバスで。

大きな荷物はホテルに預けていたので、着替えのみ持って向かいました。

手荷物預かりは体育館の中。女性は2階でした。

更衣室も体育館の一部を区切って設けられていました。

荷物を受け取ったらすぐに着替えられるのでいいですね。

 

開会式が始まりました。

そして、こちらの大会名物

津軽弁のラジオ体操!

 

動画で撮りましたが、何度見てもおかしくて笑っちゃいます。温かい津軽弁が素敵です

動画載せなくてごめんなさい

(まだ掲載する技術がわからず・・・)

 

このアップルマラソンはフルマラソン・ハーフマラソン・10km・5km・3kmと、

様々な種類があります。

 

私は観光グルメも楽しみたかったので(笑)、ハーフマラソンにしました。

それぞれの部門ごとに抽選会があります。ゼッケンの一部が抽選券になっています。

それを抽選箱に入れて、当選を待ちます。

弘前市のゆるキャラも応援に駆けつけてくれていました。

恒例の走る前にゴール写真。

スタート地点は岩木山を臨むこちらから。

スタート!

岩木山に向かって走ります。

周りにはリンゴ畑が。走るのに必死でほとんど風景を撮ってませんでした

 

こちらはオフィシャルエイド(給水所)。トマトやバナナにパンも。

こちらは地元農家さんたちなどの私設エイド。

プルーンとぶどうをいただきました。美味しかった~

この日はとても暑く、オフィシャルの給水所にて提供されていたアイシング用の氷に救われました。

見た目どうこう言ってられないくらいの暑さだったので、

頭の上に載せて、その上から帽子で押さえて走りました。

途中何度か氷を取り換えましたが、完全に溶けてしまったほどの暑さでした。

フルマラソンにしなくてよかった

 

途中でゆるキャラを発見

カメラを向けたらポーズをとってくれました。

こうして無事にゴール

(実は足を痛めてしまい、あまり無事ではなかった

 

ゴール直後には1人1個りんごが振る舞われます。

こちらのリンゴ、家に帰ってからいただきましたが、すごく美味しかったです

その場ですぐに豪快に丸かじりしている人もいました。

 

フルマラソン・ハーフマラソン参加者は市内の指定温泉を無料で利用できます。

今回は観光編ブログでお伝えした「レストラン山崎」のランチをどうしても食べたかったので、

無料の温泉は断念して、駅から公共バスで行ける「リコルソ弘前」という温泉に行きました。

 

「リコルソ弘前」はさくら野百貨店の中にあるという珍しい天然温泉施設。

女性大浴場には水風呂がないのでマラソン後にアイシングしたいときはシャワーで・・・

 

公共のバスで気軽に行けるのでオススメです。

もしバスの時間まで少し待つことになっても百貨店で色々と時間をつぶせます。

 

このあとは、駅前から空港バスで青森空港へ行き、帰宅しました。

 

のんびりした田園風景の中を走れる弘前・白神アップルマラソン

りんご大好きな方には是非とも参加していただきたい温かい大会です


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ