福岡

tomorrow

Profile

  • 地域:福岡
  • 職業:美容関係
  • 金融関係に10年、その後は44にして美容関係(化粧品)へ。 美容・健康・ファッションへの興味は強く、庶民的美容健康情報、グッズ情報を集めることが好き。 筋トレやそれに伴う栄養補給についての知識を得ること、実践も大好き。 (プロテインは手放せない(笑) ●好きな事● スキンケア、メイク、ファッション談義。 茶道・着付け・弓道をしていたことから、和に関すること。食べること。 健康のためのトレーニング。(健康はお金では買えません)

New Articles

  • banner

シティメイト

日々是考日

場に応じた装いとは【プライベート】


よく、「年甲斐もなく」という言葉を聞きますが、これって時と場合によるかなと思っています。

 

特にファッションについては。

もう若くないからと諦めたり、勝手に似合わないと決めつけたり。

これってすごく勿体ない。

 

かくいう私も昔は頑なにスカートを履かない人間でした。制服は仕方なく・・・。
自分の足が嫌いだったんですね。
すると友人から「80も90もなって【あのときスカート履いたらよかった】とか思っても遅い。どんどん挑戦せな」
と言われたのもきっかけとなり、スカートを履くようになりまして(笑)

 

ちなみに母の言い分。

「年寄りになったらね、美しい色を着らな。
顔も肌もシミやらシワやら増えて汚くなるけん、
くーらい色ばっかり着よったら余計汚くなる。
黒が難しくなるけんね。ちゃんと化粧せんと。
くーらい色ばっかり着るけん田舎の年寄りは車にはねられると。
宝石もそう。手の甲やら首は年がでろうが?
視線を手や首のシミやらシワから逸らす役割があると。
若い人は若さの美しさがあるけん。あれやらこれやらつけたら
却って老けて見える。」

 

と、自分が買い物した時の言い訳もあるのでしょうが・・・。(笑)

その人が自信持てて笑顔になれるならいいと思いますね。
葬式でそのカッコなわけじゃあるまいし。
(黒ならなんでもいいとばかりに適当な黒の服で参列の方がありますが

あれはどうかと思いますね。ネイルも外せないなら手袋したらいいんですし・・・

結婚式で平気で白の服とか網タイツも未だに見かけますがなんで調べないのだろうかと)

場に応じた装いと振る舞いができるのがほんとのオシャレと思って久しいのですが、

 

「アドバンストスタイル」

http://top.tsite.jp/news/fashion01/i/23964871/index

見てても、皆さん本当にオシャレを楽しんでる。
それが精神的に若々しくいられる理由のひとつではないかなと。

個性個性と、それを主張する場をはき違えなければ「楽しんだもの勝ち」じゃないかと思いますね。
「愛され●●」っていうのにとても違和感がある私としてはどこを見ても同じヘアメイク、ファッションの量産型女子よりも
自分の体形、髪や瞳の色、肌の色を知ってそれを引き立てるお洒落をしている人のほうが

素敵だなあと感じます。

「愛され●●」は第三者の受けが優先でそこに自分はあるのか?後回しにしていないか?という気すらしてしまうからかもしれませんが。

仕事ではもちろん相手があるのですから個性ばかり主張するのはどうかと思いますが

出かける場所やその時のメンバーなども考えてお洒落を楽しむ、年齢と共にそうしたことが

ゆとりを生んだり、幅をひろげる事にもつながるのかなと。

 


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ