東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 群馬出身の都内在住OLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は46座。まだまだ頑張ります^ ^女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

【登山】会津のシンボル『磐梯山』へ!八方台登山口から周遊


2018年 山の日。

今年は、土曜に重なりお得感がイマイチないですが

 

登山が趣味の私は、やっぱり山へ

関東甲信越の天気が悪い予報だったので、福島の『磐梯山』へ行くことにしました。

磐梯山(会津磐梯山)

  • 会津のシンボル「宝の山」
  • 日本百名山
  • 標高 1,819m
  • 登山コースは6つ
  • 山頂は360度の眺望
  • 活火山で噴火口が雄大
  • 磐梯山本峰、櫛ヶ峰、赤埴山からなる
  • 麓は、南が表磐梯、北が裏磐梯と呼ばれる

 

コース

【今回のルート】
『八方台登山口⇒中ノ湯跡⇒お花畑⇒山頂⇒櫛ヶ峰方面⇒噴火口分岐⇒裏磐梯スキー場登山口分岐⇒銅沼⇒中ノ湯跡⇒『八方台登山口

《往路》

磐梯山は、6コースあり、バラエティに富んでいます。

私たちは、山頂に一番近い『八方台登山口』から、登りました。

 

山頂まで約2時間半、単純標高差620mという初心者でも挑戦しやすいコースです。

この日も地元と思われる小学生が学校の行事?で登っていました。

 

《復路》

行きと同じコースをピストンするのであれば、1時間40分

噴火口をまわるように周遊すると、3時間ほどです。

 

私は、せっかくなので、帰りは周遊しました。

地図上では左まわりのイメージです。

【ポイント】

周遊するのであれば、『八方台登山口』だと最後にキツイ登り返しがやってくるので、『裏磐梯スキー場登山口』からアプローチするのも、いいかもしれません。

 

トイレは、八方台登山口と弘法清水の山小屋(350円)にあります。

登山

登山道は整備されていて安全、登りやすいです

■中ノ湯温泉跡

今は廃屋(左)ですが、硫黄の臭いがプンプンしていました

 

■景観を楽しむ

途中からの眺めもいいです

 

左の湖は『桧原湖』

みんな撮影に夢中

左に見える奇岩は『天狗岩』

■お花畑

途中、『お花畑』と『弘法清水』の分岐がありますが、

私たちは左のお花畑側のコースへ。たくさんのお花たちに癒されます

■弘法清水

安達太良山の噴火口が見えました

安達太良の噴火口も間近で見ると素晴らしいので、オススメの山です。

 

弘法清水から山頂までは25分ほどですが、道が結構狭かったので、譲り合いでした

 

■山頂

日本百名山42座目GET

景色もよく、アッという間に思えました。

古くから山岳信仰の対象だったということで祠があります。

この日は山頂だけが雲に覆われていて・・・

360度の絶景は見られませんでした。

雲がなければ、眼下に猪苗代湖がドッカーンと見えるらしいです。

☆ちなみに、磐梯山は山頂でも5合目です。なぜだかは謎。

■復路

周遊します

『弘法清水』までは同じルートを下ります。

 

お花畑の方へ少し下ると、『櫛ヶ峰』方面へ下る分岐があるので、

見逃さず、右の『猪苗代登山口・渋谷登山口』と書かれている方へ。

景色抜群

中央奥に『桧原湖』、手前に『銅沼(あかぬま)』

■銅沼ズーム

遠くから眺めても綺麗な沼です。後ほど近づきます

■櫛ヶ峰

迫力ある『櫛ヶ峰』へ近づいていきます。カッコイイ山

人って自然のなかではちっぽけですね。←誰?w

途中から森林エリアに入ります。

急坂ですが、鉄筋のアーチが手で支えらえるようになっていて、助かります。

一旦下りきると、河原みたいな”ガレ場”に出ます。

火口壁が雄大もう美しい自然の雄大さに圧倒されまくり

■銅沼(あかぬま)

『裏磐梯スキー場登山口』の分岐は下らずに、右の『銅沼』方面へ進みます。

 

す、すると

すごい綺麗な火口湖・『銅沼(あかぬま)』が登場

赤い岩と透き通った水、それを囲む荒々しい山肌・・・日本じゃないみたい。

明治の大噴火で形成、『五色沼』の水源でもあるそうです。

水鏡バッチリボーーーとしちゃう。。

ずっと眺めていたい景色でしたが、朝の大渋滞によって時間に余裕はなく・・・

なくなくこの景色ともお別れ

 

そして、ここから『中ノ湯跡分岐』に出るまでに、最後の登り返しがやってきます。

このルートでいくのであれば、体力を温存していくことをオススメします(笑)

 

日帰り温泉

翁島温泉『玉の湯旅館』

600円 内湯のみ

狭いですが、登山帰りには充分。疲れがとれました

http://tamanoyu.net/

感想

この日は、山の日&お盆の帰省ラッシュ。

都内を早朝4時に出たのに、栃木で40kmの渋滞に遭遇

その他にも、ところどころ渋滞があり、登り始めが12時になってしまいました。

そんなわけで、あまりゆっくりできなかったのが残念

 

体力ある・なしの4人で行きましたが、誰もが楽しんだ山。

雄大な噴火壁に美しい火口湖と、磐梯山の自然美を堪能でき、

天気と渋滞を乗り越えて、登った甲斐がありました

 

できれば、1泊して、五色沼などの観光もセットにするとよいと思います

 

あと、百名山ハンターなら、前後の日に安達太良登るのもありかも

両方軽めの山(ルートによる)なので、行けますよ

 

福島『安達太良山』登山の紹介はこちら≫

 

関連リンク

▽裏磐梯観光協会 登山口情報

https://www.urabandai-inf.com/?page_id=25041

 

▽裏磐梯観光協会 銅沼

https://www.urabandai-inf.com/?page_id=24978

 

▽猪苗代観光協会 登山口情報

http://www.bandaisan.or.jp/entry-list.html?id=8621

 

▽磐梯山ビジターセンター 八方台登山口

http://www.urabandai-vc.jp/?page_id=24457

 

▽磐梯町観光情報サイト 登山MAP

http://www.town.bandai.fukushima.jp/site/kanko/map_tozan.html

 

▽磐梯山wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/磐梯山

 

▽これまで山頂まで登った日本百名山(42座)

富士山(3回目4回目)/谷川岳/霧ヶ峰/筑波山/至仏山/日光白根山/木曽駒ヶ岳/燧ヶ岳/苗場山/金峰山/武尊山/八ヶ岳/大菩薩/丹沢山/両神山/男体山/四阿山/北岳/瑞牆山/鳳凰三山/美ヶ原/雲取山(1回目2回目)/甲武信ヶ岳/巻機山/常念岳/立山/草津白根山/火打/妙高/赤城山/天城/那須岳/蓼科山/仙丈ヶ岳/甲斐駒ヶ岳/白山/安達太良山/奥穂高岳/浅間山(黒斑)/乗鞍岳/蔵王山/磐梯山


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ