東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 群馬出身の都内在住OLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は46座。まだまだ頑張ります^ ^女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

【トルコ③】教会?モスク?!ビザンティン建築の最高傑作『アヤソフィア』


こちらもイスタンブールの定番観光スポット『アヤソフィア』

教会⇒モスクへ形を変えた建造物で、とっても興味がありました

今は博物館となっています。

 

トプカプ宮殿はこちら≫

ブルーモスクはこちら≫

アヤソフィア

歴史

紀元360年
ローマ帝国時代にキリスト教聖堂として完成。

537年
東ローマ帝国(ビザンツ帝国、ビザンティン帝国)時代に焼失のため再建
「ビザンティン建築の最高傑作」と言われています。

15世紀半ば
オスマントルコ時代にイスラム教モスクに。
現存は残しつつ、4本のミナレットなどが建ち、キリストのモザイクなどが漆喰で塗りつぶされました。

1935年
トルコ共和国後、モスクから無宗教の博物館に。
キリストのモザイクなども復活!

とのこと。

 

ローマ、ビサンツ、オスマン、近代・・・と時代に翻弄されっぷりがすごい

オスマン時代に建てられた、ブルーモスクやトプカプ宮殿より歴史が深いのです

 

そんな、

キリスト教×イスラム教の宗教入り混じる、アヤソフィアを私目線で紹介します

 

外観

外観は、知識のうっすーい私には、完全にモスクです

うっすらピンクがかっていて、『ブルーモスク』とは対照的なカラー。

 

場所は『トプカプ宮殿』の隣なので、セットで行くと行きやすいと思います。

所要時間は1時間~1時間半くらいかな。。

歴史に興味あるか、ないかで費やす時間が違ってきそうです

内部へ

薄暗い感じですw入った瞬間に、その独特の重厚感を感じます。

こちらも観光客がたくさん。撮影OKです

無数のシャンデリアが美しい

今も修復が続いているようです。2Fより

天井

■カリグラフィー

黒と金のカリグラフィーの円盤が4つ。

歴代のカリフ(預言者)の名が刻まれているんだそう。

■天井のドーム

■セラフィム

ドームのアーチの4隅になんかいる
と思ったら『セラフィム』(熾天使)という、6つの羽を持った最階級の天使だそう。
顔が出ている天使と隠された天使がいました。
イスラムの偶像崇拝禁止で顔を隠されていたのを1つだけ復元したようです。

 

奥深ッッッ

■聖母子像

モスクなのにまさかのマリア様

ズーム

 

 モザイク画

アヤソフィア2Fには、見どころであるモザイク画があります。

 

■コムネノスのモザイク

聖母子を中心に、皇帝ヨハネス2世コムネノス夫妻

 

■デイシス(請願図)

キリスト様、マリア様、ヨハネが描かれています。

聖母マリアの手形

行列のできるパワースポット!

空いた穴に指を入れ、360度回すことができたら幸せになるんだそうです

 

夜のライトアップ

『スルタンアフメット広場』より

この広場からは、ブルーモスクアヤソフィア両方を見ることができます。

感想

見た目はモスクだし、イスラムのカリフに天使やキリストが融合していて、違和感ありまくり。

アヤソフィアは歴史を知れば知るほど、興味深かったです。

行く前に歴史をほんのり知っておくと、より楽しめると思います。

私的には、イスタンブールで一番外れない観光スポットでした

 

黒猫。

なんかアヤソフィアの独特の雰囲気に似合ってました

 

▼▼▼他のビザンティン建築のモスクに行ったので紹介します▼▼▼

キュチュック・アヤソフィア・ジャーミィ

イスタンブールで現存する最古のビザンティン建築

こちらも、教会からモスクに変わった。

街歩きの途中で寄ってみました。

キュチユック(=小さい)アヤソフィアという名前通り、

規模は小さいのですが、シンプルでとても静か。なんだか心が落ち着くモスクでした。

いつも通り入口で靴を脱いで入ります。女性はスカーフが必要です。

 

柱にギリシャ文字(だよね?)がありました。

次は、新市街・アジアサイドの紹介へ≫

参考情報

■アヤソフィア

入場料:40TL

時間:夏期9:00~19:00 冬期9:00~17:00(無休)

最寄駅:Sultanahmet駅(スルタン・アフメット)

▽公式HP

http://ayasofyamuzesi.gov.tr/en/visiting-information

▽wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/アヤソフィア

 

■キュチュック・アヤソフィア・ジャーミィ

入場料:無料

時間:9:30~20:30 ※金曜14:30~(無休)

場所:ブルーモスクから南西へ行ったところ

 

▽wiki(英語)

https://en.wikipedia.org/wiki/Little_Hagia_Sophia

 

 

トルコ2018

 

モロッコ 2018

 

インド 2017

韓国 2017


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ