東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 群馬出身の都内在住OLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は46座。まだまだ頑張ります^ ^女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

【モロッコ旅行③】世界遺産フェズのおすすめ観光スポット&レストラン


フェズの続きです。

前回は、主にフェズの職人街の紹介だったので、
【観光スポット】【レストラン情報】を紹介します

 

≪前回のはこちら

 

フェズは、

旧市街の「フェズ・エル・バリ」「フェズ・エル・ジェディド」「新市街」

3つに分かれています。

観光スポットは「フェズ・エル・バリ」「フェズ・エル・ジェディド」に集まっています。

フェズ・エル・バリ(世界遺産)

世界一の迷宮都市といわれるメディナ(旧市街)の中心エリアです。

 

ネジャーリン広場(Fontaine Nejjarine)

「メディナいちの繁華街」らしいけど・・・朝の8:00くらいなので、人気がありませんw

ザウィア・ムーレイ・イドリス廟(Zaouia Moulay Idriss II)

修道院です。イスラム教徒以外は入場不可です。

カラウィン・モスク(Qarawiyin Mosque)

アフリカ最大のモスク。こちらも異教徒は入場できないため、入口から覗き見

アッタリーン・マドラサ(Al-Attarine Madrasa)

神学校。「スラム建築の傑作」といわれるくらい美しい建物

アラビア語の装飾が繊細!

中をチラ見

ブー・ジュルード門(Bab Bou Jeloud

メディナ入口にある「シンボル的な門」

メディナ散策

迷路のようなメディナの路地

こちらは、メディナで一番狭い路地だそうです。

もちろん車は入れませんので、ロバが大活躍です。

行き先は、道案内の看板を目印に

活気あるマーケットは見ていて楽しい

デーツもたくさん

タジン
どこも異国情緒あふれる~

フェズを訪れたら、メディナに迷いこんで探索しよう(※時間には余裕をw)

フェズ・エル・ジェディド

王宮(Royal Palace of Fez / Dar el Makhzen)

内部は解放されていいませんので門のみ。金色&幾何学模様で絢爛豪華です

タクシーに乗り込んできた、アフリカ在住、中国人の女の子と一緒に

モロッコでは、交渉次第でタクシーを乗り合いしちゃいます

こんなハプニングも ”THE旅” って感じでおもしろいですよね!

 

ブー・ジュルード庭園(Jardin Jnan Sbil)

美しい庭園です

高台からフェズを一望

フェズを一望できる高台が、メディナの城壁の外のにあります。

 

マリーン朝の墓地(Tombeaux Merinides)

メディナの。フェズで一番高い場所です。タクシーで向かいました。

 

近くに墓地があり、テッペンには遺跡みたいのが残ってました。

モロッコのタクシーは赤いのです。

いい眺め~観光客も多かったです。

 

南の砦展望台

メディナの。北の『マリーン朝の墓地』に比べると静か。

『マリーン朝の墓地』が左奥に見えます。

レストラン&カフェ

Riad Rcif

モロッコといえば『リアド』という宿泊施設に泊まるのが憧れ~

私たちはホテルに泊まったので、リアドに併設されているレストランに探索かねて訪問しました

 

Riad Rcifは、トリップアドバイザーで1位だったレストランです

 

お店までの道のりは人気がなく怖かったです

しかも、道案内するとかいうチップ少年が待ち構えていてる・・・

が、ドアの中に入ると煌びやか~

なんとパティオに噴水

他のお客様がいなかったので、お店の方が店内を案内してくれました

2Fから

コップやランプまでかわいい

案内してくれたお店の方と。フレンドリーでとっても親切でした~

テーマパーク的にどっぷり浸かってしまいましたが・・・

 

■お料理はこちら

ハリラスープに前菜、パン

モロッコのレストランは、本当前菜でモリモリなんですよね

ポテト!めっちゃ美味しかった! メインのタジン(牛)

1人2,000円くらいだったかなぁ~

素敵な空間と美味しいお料理と・・・本当にオススメです

次回モロッコに行くときはリアドに泊まりたいです

 

Cafe Clock

これまたお店を探すのに、迷いました・・・本当わかりにくいw

店内

ルーフトップはテラスになっていて解放的でした。

気軽なカフェで、客層は欧米の観光客が多かったです。

 

■お料理

モロッコといえばクスクス泡泡もふもふのカフェ・ラテ

長距離列車にトライ!

フェズ to カサブランカへは長距離列車で移動しました

 

フェズ駅

1号車に乗車

海外の列車は日本の新幹線とかとは違ってのんびり。

カサブランカまで5時間くらいの長旅です。

 

でもボックスは私たちだけ。なかなか優雅です。

最後、降車するカサブランカを逃さないよう駅員に何度か話かけているうちに、

最終的に「カサブランカ着いたよ!」と声をかけてもらえましたw

フェズの感想

■チップを請求する道案内の子どもたちが多い

メディナで店を探していると、

「そっちは行き止まりだよ」と勝手に道案内されて最後にチップくれと言われます。

ガン無視で。

 

タンネリあたりでも

「連れていくよ!」と言って、高額チップの請求とかあるっぽいので、

気を付けた方がよさそうです。

 

■ディスカウントが当たり前

日本には馴染みがないのですが、

モロッコではディスカウントが前提。値札もあまり見かけません。

 

半分近くには、下げられました。

だったら最初から・・・と思いますが、交渉も楽しんでみましょう

笑顔いっぱいだと、なんか折れてくれたような気がしますw

 

■夜のメディナは怖すぎる

人がいないし迷うし・・・

で、むしろチップを請求してくる子どもに案内してもらった方が

安全ではないかとさえ思いました。。

 

■メディナの通りと建物内部のギャップが魅力

メディナの路地は迷路のようで道は狭く、

また昼間はマーケットもあって賑やかなのですが、

一歩モスクやレストランに入ると別世界。

モスクの静寂や、レストランやリヤドの煌びやかな世界が広がっていました。

 

■好奇心をくすぐる街

シャウエンに比べるとダイブbuzyだな!って感じですが、

見どころもたくさん、昔の街並みが残る歴史ある街でこと尽きない。

迷宮都市、職人、チップを請求する少年、リアドの美しさ、アフリカとヨーロッパの融合・・・想像以上に異国情緒あふれていておもしろい街でした

 

なわけで、モリモリになってしまった~w

次は、映画でも有名な「カサブランカ」へ

 

モロッコ・トルコ 2018

■モロッコ
■トルコ

関連リンク

■観光
■レストラン

 

過去の旅レポ

■インド 2017
■韓国 2017

「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ