東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 群馬出身の都内在住OLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は40座。まだまだ頑張ります~☆女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

【登山】2,017年の山「雲取山」に、公共交通機関で日帰り


今年やり残したこと!

 

今年の山「雲取山」に登っておくこと。

 

なぜ、今年の山なのか?

 

雲取山は、2,017m ⇒ 西暦2,017年にかけ、盛り上がっています

 

そんなのに踊らされるかー!!!

 

・・・と言いたいところですが、

やっぱり縁起よさそうだし、登りたくなっちゃうのが山好きの性ですw

 

雲取って???

 

日本百名山東京の最高峰です。

 

一般的な「鴨沢ルート」

距離は約23km、高低差1,500m、標準行程タイム9時間くらいなので、

1泊2日するのが一般的と言われています。

 

私は、前回日帰りでいって意外と余裕があったので、

公共交通機関(バス・電車)を使って、日帰りで行ってきました

(通常の0.6~0.7くらいのスピードかなぁ、、

 

雲取山 日帰りピストン 行程

日程:2017年11月23日(木) 快晴

 

■8:03 「奥多摩駅」着

 

■8:45 「奥多摩駅」発=「鴨沢」行のバスに乗車

☆「鴨沢」BSにはトイレがあります

 

■9:30 「鴨沢」BS 出発

バス停横の階段を登っていきます

■10:00 登山道入口

話題の「2017年の山」のメモリアル看板があります。

このクオリティは何とも言えまない・・・

(私に言われたくはないだろうがw)

 

■11:30 「七ツ石山と巻き道の分岐」通過

(体力温存のため、アップダウンの少ない”巻き道”を行きます

 

■12:00

石尾根縦走路と交わる「ブナ坂」までくると、

左横に富士山を眺めつつ~の、楽しい稜線尾根歩き

長ーーーい登り坂の疲れが吹き飛びます

■12:20 「奥多摩避難小屋」通過

この付近には、「ヘリポート」「テン場」があります。

ここからは、アップダウンの繰り返し

 

まずは、「ヨモギノ頭」へ向かう急登。

ここまで長距離を登ってきているので、みんなしんどそう・・・

次に、岩がゴロゴロした、「小雲取山」への登り返しを過ぎると、

目指す方向に、雲取山頂「雲取山避難小屋」が見えてきます。

最後、雲取山頂への急坂を登り、振り返って!

ここからの眺めもいいです~

■13:00 山頂到着

 

去年までは、東京・埼玉・山梨の県にまたがった渋い標識があったが、

今年の山の日に、立派な標識に統一されたらしい・・・

去年までのはこちら≫

 

そして、今年の「メモリアル」標識!

 

「雲取山西暦二千十七年記念」

 

奥に(わかりづらいけど)「富士山」もバッチリ

 

富士山ズーム!

午前中は、もっと雲が少なかったのですが・・・

でも、雲取山から富士山が見えたのは初めてだったので、大満足です

■13:15 そんなにのんびりもしてられず、15分くらいで下山

 

復路と同じルートを一気に下り・・・

 

■15:30 「鴨沢」BS 着

 

休憩なしで、5.5時間くらいの山行でした!

 

予定より早く下山できたので・・・

 

■15:58 「鴨沢」発=「奥多摩駅」行のバスに無事乗車できました

 

感想

「鴨沢ルート」は、緩やかではありますがとにかく長いです。

長距離からの山頂付近の急登は、みなさん本当に苦しそうでした

 

初心者&体力のない方が日帰りで簡単に登れる山ではないですが、

1泊すれば充分可能

星空とかも綺麗なようですよ(←よくTVで特集もされています)

 

今年は間に合わなくても、来年昨年の山』に挑戦してみては

 

今年色んな山に行きましたが、

ペースは、自分なりに今年の山で今年一の頑張り

 

普通のOLでも、公共交通機関を使って雲取日帰りできました!

 

大満足、やり切った感じです

 

▽前回の雲取山登山(2016年5月)

【日本百名山】東京最高峰「雲取山」(日帰り登山)

関連リンク

■ハイキング時刻表 - 西東京バス

http://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/20160326_hiking_okutama.pdf

 

■雲取山荘HP

http://kumotorisansou.com/

 

■七ツ石小屋公式HP

http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/

 

▽これまで山頂まで登った日本百名山(39座)

富士山(3回目4回目)/谷川岳/霧ヶ峰/筑波山/至仏山/日光白根山/木曽駒ヶ岳/燧ヶ岳/苗場山/金峰山/武尊山/八ヶ岳/大菩薩/丹沢山/両神山/男体山/四阿山/北岳/瑞牆山/鳳凰三山/美ヶ原/雲取山(1回目2回目)/甲武信ヶ岳/巻機山/常念岳/立山/草津白根山/火打/妙高/赤城山/天城/那須岳/蓼科山/仙丈ヶ岳/甲斐駒ヶ岳/白山/安達太良山/奥穂高岳


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

  • やまさん

    2017/11/28 12:42

    カメラで質問です。登山中、カメラって首から下げていますか?カメラ用のサブバッグを下げていますか? 望遠レンズとセットでミラーレス(PEN)を使ってるのですが、カメラ用のバッグを購入すべきか迷っていて、使ってるようでしたらオススメブランドとか教えてもらえるとうれしいです^^

    • ともみさん

      2017/11/29 19:13

      やまさん、奇遇です!私もPEN使っています^^ カメラは、ハードな岩場とか雨のときはザックにしまいますが、普段は長めのストラップを斜め掛けにしています。 首から下げていると不安定なので、少しは固定されるかと思いますし、瞬間を撮影できるので。 なので、カメラ用のサブバックは持ってなく・・・ブランドもわからずです><

  • やまさん

    2017/11/30 09:45

    返信ありがとうございます~。PENがかわいいこともあって首から下げっぱなしでいいんだっけ?と思っていたので質問でした。ちなみに写真の撮り方も参考にさせてもらってます^^

    • ともみさん

      2017/11/30 16:36

      わーーー、とっても嬉しいお言葉です☆ 山で写真撮るのも好きで、綺麗な景色やお花があると先にすすめなくなるタイプですwそんなんでカメラ出しっぱなしなのもあります・・・

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ