東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 都内在住のOLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は51座。まだまだ頑張ります^ ^女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

【クロアチア旅行④】隣国 ボスニア・ヘルツゴビナ日帰り観光


9月クロアチア旅行の続き

 

クロアチアは、旧ユーゴスラビアで、旧ユーゴの国に囲まれています。

そして、陸路&日帰りで国境を越えることができます

 

 

なかでも、興味があったのが『ボスニア・ヘルツェゴビナ』

単純にあまり行く機会がないだろうということ、紛争の続いていた歴史背景に触れてみる、クロアチアとは違う雰囲気を見てみたかったからです。

 

オリエンタルな雰囲気です~

ドゥブロヴニクから日帰りで行くことができます。

 

クロアチアのブログ

>ドゥブロヴニク旧市街

>プリトヴィツェ湖群国立公園

>ザグレブ散策

 

アクセス

ドゥブロヴニクからボスニアのモスタルまで、長距離バスが出ています所要約3時間。

 

また、現地発のオプショナルツアーを使えば、日帰りでボスニアのいろんな都市に寄れて、効率よく回れます

 

もちろん、国境越えにはパスポートが必要ですが、いつチェックした?ってくらい簡単に通過できました

 

古都モスタルとスタリ・モスト(Mostar & Stari Most)

スタリ・モスト(古い橋)

モスタルのシンボル

ネレトヴァ川に架かる石造りの美しいアーチ型をした橋で、世界遺産です。

1993年、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で破壊され、2004年に再建されました。

 

飛び込んでいる人います

飛び込みは、恒例のパフォーマンスっぽいです。

海パンの男性が、チップを集めた後、飛び込んでいました。

川を挟んで、西側(左)がカトリックのクロアチア人、東側(右)がイスラムのムスリム人と居住区が分かれているとのことで、雰囲気も少し異なります。

 

橋の周りは、お土産屋さんやレストランが軒を連ねていて、めっちゃ賑やかです

 

東側のエリア

お土産は、トルコっぽいそして安い

旧ユーゴの切手やらお金が展示

メジュゴリエ(Međugorje)

カトリックの聖地

1981年に、聖母マリアが出現したとされています

教会は入れないほど人で溢れています・・・(立ち入ってはいけないような。)

沿道には、マリアグッズが立ち並ぶ・・・(買ってはいけないような。)

何か場違いであるのを痛感する我ら。

 

何もない田舎風景に突如現れて、世界中のカトリック教徒で溢れる街、
この旅で最もカルチャーショックの大きかった街です

 

ポチテリ(Počitelj)

小さな村で閑散としていました。

オスマン風な石造りの城壁のある街でモスクがあります。

 

ガブランカペタン塔

15分くらい登ったところ。廃墟のようでしたが、眺めが良かったです

別の高台から

ネレトヴァ川がよく見えます

 

グルメ

チェバプチチ

名物とのこと。

ピタパンに小さいハンバーグみたいなのが入っていて、刻まれた生タマネギが添えてありました。

イスタンブールで食べたキョフテによく似ています。

お肉は歯ごたえがあって美味しいです。

スタリ・モストから河原に行く途中のカフェでしたが、ドリンクも頼んで、1人3ユーロと安かったです。

 

感想

中世ヨーロッパな街並み~だったクロアチアから訪れると、文化の違いに驚きます。

モスクがあり、お土産や食べ物も中東トルコに似たオリエンタルな雰囲気が出ています。

 

通過も、クロアチアがクーナに対し、ユーロが普通に出回っているので、少し不思議。

(マルクという現地通貨もありますが、使いませんでした。)

 

途中、紛争で『スタリ・モスト』が壊される映像をモニターで見ました

クロアチアの旅だけでは知ることができなかった、旧ユーゴの歴史的背景を考えさせられます。

改めて、バルカン半島(旧ユーゴ)の歴史が知りたいと思ったり、
機会があれば、その他の旧ユーゴの国も旅してみたいと思いました

 

民族紛争の暗いイメージもあるかもしれませんが、復興しています

治安は、たくさんの観光客が訪れていて、心配することはありませんでした。

物価が安いし、人々も親切

ヨーロッパにいながら、オリエンタルな雰囲気を味わえるおもしろい国です

 

 

■2019年9月 クロアチア旅行記

【クロアチア旅行①】絶景ドゥブロブニク観光!写真スポット紹介★
【クロアチア旅行②】エメラルドグリーンの絶景!世界遺産プリトヴィツェ
【クロアチア旅行③】新・女子旅!ハートであふれる街、ザグレブ
【クロアチア旅行④】隣国 復興するボスニア・ヘルツゴビナ日帰り観光

 

※あくまで個人の感想ですが、旅の参考になれば幸いです。

過去の旅行紀

ベトナム&カンボジア 2019

 

トルコ 2018

 

モロッコ 2018

 

インド 2017

韓国 2017

韓国 2018


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ