東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 都内在住のOLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は51座。まだまだ頑張ります^ ^女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

【登山】天空の楽園!池塘リフレクションとお花畑 会津駒ヶ岳


こんにちは。お久ぶりです。

長い梅雨が終わって、真夏に突入(ってだいぶ前ですねw)

私にとっては、待ちに待ったお山の季節です

会津駒ケ岳 日帰り登山

日程

8月3日(土) 日帰り 快晴

 

会津駒ヶ岳とは

  • 日本百名山・花の百名山
  • 標高 2,133m
  • 福島県南会津郡檜枝岐村
  • 『尾瀬国立公園』に属す
  • 山頂に、湿原、池塘が広がる
  • 初心者におすすめ

アクセス

都内から自家用車の場合:

東北自動車道『西那須野塩原IC』→会津駒ヶ岳『滝沢登山口』("タッキー"と覚えました)

高速降りてから、2時間以上かかります。

道はわかりやすいしちゃんとした舗装道路ですが、本当に長いです。。

 

トイレ:国道352号沿い『駒ヶ岳登山口』にあります。済ませてから『滝沢登山口』へ車で向かいましょう。

 

ルート:

会津駒ヶ岳『滝沢登山口』 ↔ 会津駒ヶ岳山頂 ↔ 中門岳 ピストン

 

標準時間(参考):

滝沢登山口 ↔ 会津駒ヶ岳山頂 往路:3:50 復路:2:55(約7時間)

プラス 会津駒ヶ岳山頂 ↔ 中門岳 往復1:40

※休憩含まず

 

そのため、中門岳まで行くのであれば、休憩入れて9~10時間ほどみた方がいいです。

充分楽しむには、『駒の小屋』で1泊するのが妥当かもしれません。

健脚の方は日帰りでも十分。歩きやすかったからか、私は、休憩含んで6時間くらいでした

 

おすすめポイント:

山頂ピークハントであれば、会津駒ヶ岳山頂まででいいかもしれませんが、

おすすめなのは、そこから『中門岳』へのコースです。

お花いっぱい、稜線綺麗、なにより池塘に映るリフレクションが素晴らしいです。

 

ではでは、順をおって・・・

 

行程

★コースタイムは、登山歴4年、そこそこ健脚なOLタイムとなっております。

 

9:30 滝沢登山口出発

 

11:30 駒の小屋

時間がなかったので、立ち寄りませんでしたが、グッズが”ゆるかわ”らしいです

 

駒の小屋→会津駒ヶ岳山頂

駒の小屋付近から、湿原やお花畑が広がり、楽しくなってきます。

11:50 会津駒ヶ岳山頂

山頂からは、かっこいい山容の燧ヶ岳(尾瀬)がドーーーンと見えます。

会津駒ヶ岳山頂→中門岳

ここからの稜線が素晴らしいです。木道も新しくて歩きやすいです。

木道、ほんのりハートに見えませんか

稜線好きにはたまらん

そして、3年に一度のコバイケイソウの当たり年でした

この時(8月初め)はまだ蕾が多かったので、中旬が見頃だったと思います

12:20 中門岳

”この辺りが中門岳”という曖昧な標識w

そして、標識の後ろに・・・

大きな池塘に映える青空リフレクション

 

どこまでも続く青空~ずっと眺めていたい時の流れを忘れちゃうくらいの絶景です。

山頂から足を延ばして、ここまで来た甲斐がありました。

 

標識から、少し奥まで行くと、天空のプライベートベンチがあります。

ここら辺も池塘が広がっていました。&トンボがたくさん飛んでいました。

人がいなくてのんびりできます。

15:00 下山

今回のもう一つのお目当て、立ち蕎麦の営業時間に間に合わせてたくて、思ったより早いペースで下山できました。

 

下山後の事件

アブが大量発生していて、

車のドアを開けたらアブが入ってしまって、逃がそうとしたら、どんどんアブが・・・

結局、車内がアブの巣に

 

・・・放心状態。

 

30分くらい茫然としていましたが、蕎麦屋の営業時間もあるので、
意を決して、窓全開で巣の中に飛び込み、車を発進

少しづつアブが車外に出ていきましたが、かなりの恐怖体験でした。。

 

こーゆー場合はどうしたらいいのか・・・

 

下山後

裁ち蕎麦 まる家

檜枝岐名物つなぎをまったく使用しない十割蕎麦。

布を裁つように切ることから”裁ち蕎麦”とのこと。

ちょっと太めで、コシがしっかりしていて美味しかったです

登山口から、車で5~10分くらい。

11:00-17:30(L.O.16:30)

http://www.naf.co.jp/maruyashinkan/

 

日帰り入浴

近くに『燧の湯』『駒の湯があります。

どちらも公衆浴場で、500円と安い

『燧の湯』の源泉は単純硫黄泉かけ流し、『駒の湯』はアルカリ性単純温泉で違います。

 

どちらも登山口からは近いですが、『駒の湯』の方が手前にあります。

私たちは、露天風呂の感じがよさそうに思えた『燧の湯』の方へ

 

『燧の湯』

登山口から車で10分くらいなので、徒歩だと少し歩くかも。

泉質はつるつるでめっちゃ良かったのですが、露天風呂はまたアブ大量発生・・・。

2、3分で内湯に移動しました

 

帰りに立ち寄った『道の駅』の駐車場でもアブいっぱいだったので、

この時期の檜枝岐はアブ除け対策した方がいいな、と思いました

 

■尾瀬檜枝岐温泉

http://www.oze-info.jp/spa/

 

その他、リンク集

■会津駒ケ岳 駒の小屋

http://komanokoya.com/

 

■wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/会津駒ヶ岳

感想

全体的に整備がされていて歩きやすいです。

道もわかりやすく、岩場とかなく安全なので、初心者にもおすすめです。

 

コバイケイソウの当たり年でラッキーでした

この時期登山していいても、なかなか出会えない景色です。

中門岳の大きな池塘のリフレクションは絶景

 

この山は、リピーターが多いのですが、わかる気がしました。

秋の紅葉時期も絶景らしいですよ

日本百名山 登山ブログ ★47座目

■東北

 

■北関東・尾瀬・日光
■上信越
■南関東・秩父・多摩
■北アルプス
■中央アルプス
■南アルプス
■北陸

 


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月25日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ