東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 群馬出身の都内在住OLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は46座。まだまだ頑張ります^ ^女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

【カンボジア旅行②】一生に一度は見たい!アンコール・ワットの朝焼け


一生に一度は見ておきたいアンコール・ワットの朝焼けを見てきました

2019年4月7日

 

前回のブログはこちら

【カンボジア旅行①】アンコールワットへの行き方&ベストシーズンは?

【観光】アンコール・ワット

服装&準備

露出の多い服装はNG。

とっても暑いため、飲料水は必須

日焼け止めクリームや帽子、日傘、ストールなど日焼け対策も!

あと、めっちゃ歩くので歩きやすい靴(スニーカーなど)がいいです。

 

アンコール・パスをGET

4:30頃に、シュムリアップ市内のホテルを出発

 

4月の日の出は6:00頃

なぜそんな早いかというと、途中でアンコール観光に必要な『アンコール・パス』を買うためにチケットセンターに立ち寄ります

 

アンコール遺跡群にはマストで、ほとんどの遺跡が見学可能です。

 

料金:37ドル(1day)

チケットセンターは、朝から大行列でした。アンコールの人気すごい

その場で、写真を撮って発行されます。

 

=アンコール・パス=

眠いなか撮ったため残念な写真写りではありますw

 

チケットは、遺跡ゾーンに入るときや、主要スポットで検札がありました

 

 

アンコールワットの朝日

一番人気スポットは、アンコールの目の前の左右2つの池『南の聖池』『北の聖池』

なかでも綺麗に映るという『北の聖池』は枯れていたので、南に観光客が集まっていました。

閑散期ですが、暗いなかから、たくさんの人が集まっています。

さすが世界遺産世界中の人たちが写真撮りまくっていました

 

=朝焼け①=

=朝焼け②=

=朝日=

うっとりする美しさでした

=蓮=

朝しか咲かないので、得した気分。

=朝もや=

アンコール・ワットを囲むお堀

=アンコールへ向かう浮き橋=

現在、西参道が修復工事のため、お堀は、仮設の浮き橋を渡っていきます。

前日カンボジア・インしたばかりで、起きるのめっちゃ辛かったけど、

こんな景色が見れちゃうと、清々しい気分になれちゃいます~

 

アンコールワットの内部

夕方に再訪して、今度は内部の見学

=表参道=

聖池に立ち寄り。

午後のアンコール・ワットは、逆光ではなくなって綺麗に写真が撮れる時間

人もいなくて快適でした~

中心部は、お堀に囲まれた長方形をしていて、第一回廊、第二回廊、第三回廊が囲むようにあります。

 

【第一回廊】

レリーフ(壁画)がズラーーーーっと並んでいます。

繊細な彫刻にも目を奪われますが、物語になっているので、歩きながら読み進む感覚も楽しいです。

=ラーマーヤナ=

カンボジアで有名な物語。クライマックスシーンです。

=天国と地獄=

上が天国(閻魔大王)で下に地獄の世界が描かれています。

個人的に、地獄がリアルで印象に残ったゾーン。

=アンコールワットの中心にて=

ガイドさんも一緒に

第一回廊から第二回廊に行く途中の『十字回廊』の仏像。

どこも窓がこんな感じ。ソロバンにしか見えなかった・・・

【第三回廊】

一番上の回廊。アンコール・ワット観光のクライマックス

ずっと外観から眺めていた、中央祠堂(中心部)に遂に突入です

 

仏日は入れないので要チェック

階段が急

かつて王様も登っていたのかと思うと、すごい・・・。

 

=中央祠堂=

大きいです私います・・・

 

第三回廊からは、外の眺めがいい参道が綺麗に見えます

第三回廊は、あっという間に1周できました

 

=帰り道の裏参道より=

【観光】アンコール・トム

アンコール遺跡の2つめのスポットは『アンコール・トム』

中心となるのは『バイヨン寺院』。54の四面仏頭が特徴です。

 

=南大門の四面塔=

内部へ潜入。

バイヨン寺院には、第一回廊第二回廊があります。

【第一回廊】

レリーフも見どころです。昔のクメール人の生活が表現されています。

【第二回廊】

観世音菩薩の四面仏頭へ近づけます。やさしい微笑みになんだか心が朗らかに

=一番人気の観世音菩薩=

”最も美しいお顔“とのことでお札にもなっています。

たくさんの人が、この菩薩様の前で写真を撮っていました

タ・プローム

巨大スポアン(榕樹)に浸食されている遺跡。

デカいです自然の力強さを感じちゃいます。

=樹の隙間から仏像の顔が覗く=

タイのアユタヤを思い出す

【夕日スポット】プレ・ループ

このジャングルに落ちる夕日が絶景とのことですが、この日は残念ながら、夕日は拝めず・・・。

それでもたくさんの観光客が訪れていました

 

=========================

アンコール遺跡群はとにかく広いですそれから歩きます

1日で周ろうとすると、かなりハードなので、体力に自信がない人は、やはり暑い時期避けた方がいいです

 

≫次は、カンボジア・グルメの紹介と伝統舞踊鑑賞です

 

■2019年4月 ベトカン旅行

【カンボジア旅行①】アンコールワットへの行き方&ベストシーズンは?
【カンボジア旅行②】一生に一度は見たい絶景!アンコールワットの朝焼け ←ココ

【カンボジア旅行③】意外にも日本人の口に合うカンボジア料理

【ベトナム旅行①】ホイアンで幻想的なランタンを作ってもらいました♪

【ベトナム旅行②】ホイアンのグルメ&ショッピング情報

過去の旅行記

トルコ2018

 

モロッコ 2018

 

インド 2017

韓国 2017


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ