東京

ともみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:旅行会社勤務
  • 都内在住のOLです。好きなコトは山、カメラ、旅行、お酒など。特にここ数年は週末登山を楽しんでいます。日本百名山は51座。まだまだ頑張ります^ ^女性目線でのアクティブネタを発信していきたいです♪

New Articles

  • banner

シティメイト

あした天気になぁれ☆

気軽に日帰り登山♪スリル満点の岩場『乾徳山』に挑戦!


山は冬に近づき、高山から低山へとシフトする季節です。
今回は、気軽に都内から日帰りで行ける山梨の『乾徳山』に行ってきました。

岩場が楽しめる中級コースです。

乾徳山

山の特徴

  • 標高 2,031m
  • 山梨百名山/日本二百名山
  • 岩場・鎖場・岩陵いっぱいの中級コース
  • 紅葉が楽しめる
  • 都内から日帰り可能

アクセス

■徳和駐車場(徳和公園)

無料

トイレあり

バス停あり

臨時駐車場あり

 

【都内から車の場合】
中央道『勝沼IC』⇒県道38号線⇒国道140号⇒徳和入口交差点を左折⇒徳和方面

※勝沼インターからコンビニがないです。
※西沢渓谷に行く道と途中まで一緒でした。

 

9:00で、徳和公園に近い駐車場はいっぱいで、『臨時駐車場』に停めました。
上の乾徳山の登山道入口にも駐車場がありますが、非常に荒れた道のため、
車高が高い車でないと厳しいのと、数台しかおけないです。

 

■トイレ

駐車場/途中の高原ヒュッテにあり

山頂にはなし

 

■ルート

往路:オソバ沢ルート

徳和駐車場⇒銀晶水⇒錦晶水⇒国師ヶ原⇒扇原⇒扇岩⇒乾徳山山頂

復路:道満尾根ルート
乾徳山山頂⇒扇岩⇒道満尾根⇒徳和駐車場

 

所要時間:ランチ入れて6時間くらいでした。

※ペースはやや早め

登山

日程:2018年10月28日(日)

天気:快晴

往路

■徳和⇒乾徳山登山口

しばらく舗道&林道を20分くらい歩くと、登山口に。

乾徳山登山口には、立派な標識がたっています。

本格的な登山道のはじまりは、ここからスタートです。

 

■乾徳山登山口⇒国師ヶ原

紅葉を楽しむハイキング

■月見岩

視界が開け、ススキの野原が広がります

ススキの輝き&富士山の眺めが最高です

よく見ると富士山の頭を出しています~

疲れ吹き飛ぶ

 

===鎖場・岩場の出現===

ここからは、乾徳山名物の岩場の出現です

 

■髭剃岩

2つに割れた岩。割れ目が超狭いです。

ちびっこなので奥までいってみました

奥は・・・断崖絶壁でした

■カミナリ岩

最初の大きな鎖場。

岩はツルツル滑るので、鎖を頼りに慎重に。

鎖は1本で、登る人と下る人とも調整が必要でした。

登りきったーーー空が青い

その後も、高度感のある岩場やハシゴが続きます。

 

■鳳岩(天狗岩)

一番の名物

ほぼ垂直高さ20mの岩壁。

ロングな鎖が1本なので、1人登り切ってから、また1人と・・・

下で待つ人の渋滞がすごいです

【登り方】

登り始めは、岩の隙間に足を入れながら、

途中で右へ、

その後は、鎖が不要なくらいになって・・・

次の人に「OKですー!」と声をかけます

 

ココまで来て、無理って思った人でも、

右に迂回ルートがあるので、安心です。

 

■乾徳山山頂

扇岩を登りきると山頂

いきなり山頂でちょっとビックリしました

【山頂の眺め】

360度の眺望です

少し雲がでてきちゃったところですが、富士山います

富士山と、眼下には甲府の街並み

やっぱり富士山は冠雪がイイ

周囲の山々の紅葉も素晴らしいです。

【ランチ休憩】

山頂のスペースは狭く人でいっぱいのため、少し下った広い場所で食べるのもアリです。

 

普段、カップ麵はあまり食べたりしませんが、

山頂で、カップ麵食べている人が多いので、においにやられます。

復路

扇岩の鎖場は通らず、下山用ルート(鎖の迂回ルート)を下ります。

登った時とは違い、アッという間に、すぐ『扇岩』下に合流します。

 

少し下ったところからの、山頂方面の写真

扇岩を登っている人たちと、下では、ランチや休憩している人々。

■旗立岩中央岩稜

クライミングをしている人がいます。

すごいなぁ~

紅葉との背景もバッチリ

■雨乞岩

岩場スポット。インスタ映え

『扇原』から先は、行きとは別の『道満尾根』を下ります。

■道満尾根

ずっと林道って感じです。

こちらも途中の紅葉が綺麗でした。

秋ってなんか哀愁ある。。

 

行きと帰りのルートですが、どっちから登っても辛さは変わらない気がしました。

 

■徳和集落

山里の雰囲気ある集落です。

『徳和集落』を抜けると、ゴールの駐車場に出ます

感想

乾徳山は、日本百名山とかではないので、聞いたことがないかもしれませんが、
山好きには人気の山です

 

都内から比較的アクセスもよく、

前半は、紅葉を楽しみながらのハイキング、後半は、高度感のあるスリリングな岩場と、
バラエティに富んでいるのが魅力です。
登山道も整備されていて、道もわかりやすいです。

 

一番の難所、20mの岩壁『扇岩』も迂回ルートがあるので、安心です

少し高度な岩場に挑戦したい人、槍に挑戦したい人などにもいいのでは

都内から日帰りで行けて、変化に富んでいて、眺望抜群!

と、とってもオススメの山です

(高所恐怖症、岩場初心者の人にはオススメできませんが・・・)

下山後のお楽しみ

■はやぶさ温泉(日帰り温泉)

2時間600円

洗い場も数あるし、安くてオススメ

『ほったらかし温泉』『天空の湯』に飽きた方必見です

▽HP
http://hayabusa1994.com/

 

■ほうとう 小作 «石和温泉駅店≫

たぶん一番近い小作。

限定メニューあり。
”ほうとう”といえば、なんだかんだ小作が一番

▽HP
http://www.kosaku.co.jp/tenpo-isawa.html

 

■登山情報

▽山梨観光局HP
http://www.yamanashishi-kankou.com/nature/乾徳山(乾徳山駐車場)/

▽乾徳山wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/乾徳山


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ